ぽっこりお腹をなんとかしたい人は

ぽっこりお腹をなんとかしたい人は

あなたの骨盤は、今、どうなっていますか?

 

骨盤については、

締めると、広がる、開く、倒れているなど、

いろんな表現があり、

 

「〇〇になっている方がいい」

という希望が、あるかと思いますが。

 

 

では、今の自分の骨盤はどうなっているか

知っていますか?

 

 

 

骨盤は、

 

床に対して垂直になっていると

起きている(立っている)状態です。

 

 

骨盤を起こすには、

筋肉を使います。

 

その筋肉を使えていないと、

骨盤が前に倒れてたり、

後ろに倒れたりしますし、

 

 

お腹はポッコリとしてきます。

 

【前に倒れている状態】

 

【床に対して垂直に起きている状態】

 

 

鏡の前で、横向きになって、

自分の骨盤がどんな状態か見てみると良いですよ。

 

 

 

そして、骨盤が倒れていたら、

骨盤を起こす筋肉を使いましょう。

 

こんな感じで、まずは

骨盤だけを動かしてみるといいですよ。

 

 

ちなみに、

私は、

 

起きている時と、

倒れている時の両方があります。

 

 

そして、

今どうなっているかを、

 

1日に何回も意識してチェックしています。

 

 

たとえ、起きている状態だとしても

確認のために(骨盤に限らず)チェックします。

 

 

鏡の前を通過する時、

洗い物をする時、

歯磨きのタイミングで、

椅子に座った時、

歩いている時、

運転席に座った時、

 

いちいち、骨盤がどうなっているかな?を確認します。

 

 

確認するくらいなら、3秒もあれば充分!

 

 

シュッと、起こすくらいなら1秒でOK!ですよ。

 

 

 

 

ただいまメールマガジンにて、

無料動画プレゼント中!

「美しい背中をつくろう!

スッキリ、ゆったり、心地いい

寝ころんでできる背中セルフケア」

をお届けしています。

↓↓↓

内山麻理子メールマガジン登録

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket