今までの歩みをなかったことにしない

今までの歩みをなかったことにしない

私、産後セルフケアインストラクターの前は、

イタリアンレストランのホールスタッフでした。

 

 

今日は、産後の私の話です。

 

 

飲食に関わることが好きで、

次男の産後までの10年間

飲食店やホテルなどでサービス業をしていました。

 

 

 

 

16歳で高速道路のサービスエリアの厨房バイトから始まり、

ラーメン屋、ステーキハウス、ファミレス、

ホテルのレストラン、スープ専門店・・・

 

ざっと挙げるとこんな感じでしょうか。

 

 

 

大好きなサービス業ですが、

 

長男を出産して、

子育てしていたら、続けられないなと思い、

次の出産までに、

 

<次の仕事>

 

を探さなくちゃ!!!と、

ものすごく焦ったことをよく覚えています。

 

 

結局、すぐに見つかることはなく、

悶々としながら3年を過ごしました。

 

 

そして、次男出産の産後に、

産後ケアと出会い、

 

 

10年が経ちました。

 

 

 

10年も経つとサービス業をしていたことなんて、

はるか昔のことで、

 

もう一度、関わることなんて全く頭になかったのです。

 

もう無理だろうな、なんて思ってました。

 

 

 

それが、先日、

とあるイベントに関わったことで、

 

 

<接客業が体に染み込んでいる>

 

 

ことを10年ぶりに実感したのです。

 

その時のフェイスブック投稿がこちら↓

 

****

 

昨日はイベントのお手伝いに。

イベントらしいイベントに行くのは久しぶり。
しばらく足を運んで無かったもんなぁ。

何をどうするかもよくわらからないけど、

ま、人手として行ってみよーっと^ – ^
なんか、きっと楽しいと思ーう!

てなくらい、能天気な感じで参戦してきました。

設営してて、考えるより体が動くことに気づき、こういうことは割と得意だと思い出し。

パンを売ったり、
コーヒーを煎れたり
(ボタンを押すだけだけど)、

屋台のカウンター越しに日本酒を注いだり
(飲む方ではない)してお客様と話してると、

考えるより言葉がスルスルと出てることにも気づき、あ、コレも何年もやってきたことだと思い出した。

体に染み付いてる。

こんな時はどうしたらいいか?がわかる。

にわか売り子なので、
パンの説明とかできないし、
日本酒も好きだけど、飲んでないから説明も何も、なんとも…。

けど、やってた、私。
何年もこういう仕事を。

イベント中はただ楽しくて、そこに気づかなかったけど、帰り道に来てよかったなぁ、こういうの久しぶりだなぁ…

久しぶり??ってなんだろ?と思ったら、

あーそっかお店にいた時とやってたことは一緒じゃん!と気づいたのでした。

パンのなんたるかとか、
日本酒のウンチクとか、

そういうのがなくても、

目の前の人が楽しかったり
来て良かったと思えることを提供できたら、

それでいいし、
それがいいよねと思った。

それに!
教室の卒業生に何年ぶりかに会ったりして、赤ちゃんだったあの子が来年は小学校だって!

私がいるなんて思ってない、お知り合いや友人とばったり会って、

なんで?いるの?何屋さん?なんて言われたりするのも楽しくて。
   

ふと、思いつきでやろっかなーと手をあげた、ボランティアスタッフ

なんかきっと楽しいと思ーう
と思ったのは、

正解だったな!

そして、この展開は
間違いなく、

私の今後を大きく動かすことの一つ。

心が踊ることは、
私にとって、
生きてく上での栄養です。

****
転職して、
キャリアも何もない。
そう思っていたけれど、
それまで、経験してきたことが、
体と頭に残っていることを、
体感した。
もっというと、
産後ケアに関わった10年が、
その前のサービス業の10年に、
乗っかって、
当時見えなかった光景が、見えた気がした。
さらに、
年齢も加わり、
母という視点や、
20年の経験も加味されていることに気がついた。
これは、
予想していなかったので、
本当にびっくりしたんです。
キャリアってもっと、別のものだと思っていたけれど、
「これでいいんだ」
そう思えて、ぐっと腹に力が入ったんです。
今、
私は産後ケア教室を閉めて、
また新しい道を歩こうとしています。
10年前に感じた不安や焦りを、
ここでまた味わうことになり、
またか!
とも思いますが、
年齢とともに、
ステージが変わるのはごく自然なこととも思っています。
焦りや不安はあるけど、
それに流されず、
焦りや不安もありつつ、
怖いけど、今できることを一つ一つ積み重ねていけば、
必ず次のステージに行けるし、
自信に繋がることも知っている。
怖いのは、
焦りや不安を持ちつつ、
ずっと同じところに留まること。
焦りや不安は
決して怖くないし、
それはステップアップに欠かせないことなので、
むしろ、喜ばしいことですよね。
ということで、
産後10年、次のステージに進みます!!!
あ、その第一弾の
レッスンを考え中です。
決まったら、すぐにお知らせしますね!!!

***********************

美しさは上質の睡眠から

「骨盤呼吸法」動画プレゼント中!

内山麻理子メールマガジン登録

上質な睡眠を手に入れる
<骨盤呼吸法>
〜キレイをつくる とっておきのセルフケア〜

(所用時間約3分)

**********************

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket