思いつく言葉は、どれも子どもが主語のことばかりで

思いつく言葉は、どれも子どもが主語のことばかりで

約2年前、3人目の産後に初めてご受講されたEちゃんが、

今年、4人目をご出産され、再び産後ケア教室に来てくださいました。

 

受講後のご感想では、

 

体力回復の切実さが伝わってくると同時に、

気持ちの変化も見て取れます。

 

シェアリングで、自分のことが思い浮かばなかったことへの焦りも正直に語ってくださっています。

是非、ご覧ください。

 

今回もお世話になりました。

そして、これで桜木講座が閉講とは知らずに、また9月も受講できたらな…と思っていました。

 

今回は4度目の出産でしたが、出産後の出血が多く輸血寸前だったので、産後は時間さえあれば横になって身体を休める生活でした。

産後はフラフラしやすく、はじめは貧血のせいだと思っていましたが、1ヶ月健診時に貧血はよくなりましたと言われ、自分の体力低下が原因とわかりました。

このままじゃダメだと思い、2ヶ月過ぎたタイミングでケア教室に通い始めました。

3人目出産後にも参加していたので、今回が2度目の受講だから、そこそこできるだろうと思っていましたが、はじめはバランスボールで弾むタイミングを先生と合わせるので必死でした。

 

日々の生活では自分のことは後回しなので、(産後)ケア教室の2時間は自分のための時間で、すごく贅沢な気持ちになりました。

後半のワークでは自分の気持ちをうまく言葉にできず、ヤキモキしました。

 

思いつく言葉は、どれも子どもが主語のものばかりで、

 

自分の人生、仕事って??5年後?思い浮かばず、言葉につまり焦りました。

 

上手く話せなかったので、これから家事しながら、子どもの世話をしながら、考えていきたいと思います。

4回のレッスン ありがとうございました。

また単発レッスンがあったら、参加したいです。

楽しみにしています。

 

(Eさん 受講時産後2ヶ月)

 

シェアリングや、レッスン終了後に、

お家でのお子さんたちの様子を伺っていると、

ゆっくり休むのが本当に難しい状態何だろうなと感じました。

 

私自身、4人兄弟なので、

子どもが4人いることの騒がしさはよくわかるのです。

 

「日々の生活では自分のことは後回しなので、

(産後)ケア教室の2時間は自分のための時間で、

すごく贅沢な気持ちになりました。」

 

なので、こう思っていただけて本当に良かった!と思います。

 

お子さんが一人でも、

家にずっといて、赤ちゃん中心の生活になれば、

いつの間にか、自分のことは後回しになってしまいます。

 

あえて自分のための時間を意識して作ろうとしないと、ズルズルと自分を放ってしまうのです。

 

時間ができたら・・・ではなく、

 

時間を作る。

 

 

 

そして、Eちゃんのご感想を拝見していると、

自分のための時間って今後の人生を考えた時、

 

自分のための時間を作ることって、

本当に必要なことだと改めて思います。

 

 

人生、仕事、5年後の自分を考えて自分を主語で語れるかどうか?

 

 

たとえ、すぐに思いつかなくても、

言葉に詰まっても、

 

思考停止させず子育てしながら、考え続けていく。

 

 

それが、「母になっても私を生きること」

何だと思うんです。

 

言葉に詰まって焦っても、考え続けようと思いますとおっしゃってくださったEちゃんは素敵だなと思う。

 

言葉に詰まったり、モヤモヤすると考えるのめんどくさくなっちゃうじゃないですか!

不安にもなるし。

焦るし。

 

やーめた!子ども可愛いし、今はそれでいいやって。

 

 

けど、そうしない。

焦っても、不安でも考え続ける。

 

その気持ちがとっても素敵だなと。

それが大人なんじゃないかなと思うのです。

 

 

なので、そんなEちゃんにまた、お会いできるのが楽しみなのです。

===================

9月の産後ケア教室(4回コース)

長岡開催 9月4・11・18・25日(全て水曜日)

詳細・お申込みはこちらから。

===================

**********************

カラダづくりの最新情報はこちらから!!!

内山麻理子メールマガジン登録

期間限定でセルフケア動画をプレゼント中!

上質な睡眠を手に入れる
<骨盤呼吸法>
〜キレイをつくる とっておきのセルフケア〜

(所用時間約3分)

**********************

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket