産後の、体から入る自己肯定感の取り戻し方

産後の、体から入る自己肯定感の取り戻し方

体のどこかに不調を感じると不安な気持ちになる。

 

その痛みや、だるさが強ければ強いほど、

長引けば長引くほど、心への影響は大きい。

 

逆に、その不調が解消し、

体の内側から湧き出るような「力」を感じると、

 

不安はふっと消え「大丈夫」「なんとかなる!」

そんな気持ちになっている。

 

 

心当たりがある人、少ないくないと思います。

 

 

体の不調や不安を解消したくて産後ケアを始めた人が、

元気になってくると、

 

不安が解消され、

表情がパッと明るくなり、

言葉に力が宿り、

顔色も良く、

姿勢もぐっと綺麗になって、

足取り軽く、

 

産後の毎日を過ごせるようになる。

 

 

これは、今まで受講してくださったみなさんから、

教えていただいたこと。

 

「体が元気になる」

「不調が解消される」

「綺麗になる」

 

ということは、自己肯定感がグッとあがると思った。

 

しかも、体のことなので、

実感や手応えは頭の中で起きていること以上に感じられる。

 

体感として得られるので、

自信に繋がりやすい。

 

「行動して得られた自信ほど強いものはない」と思う。

 

 

私自身、それを経験してつくづく思ったし、

受講者の皆さんや、

「行動」を起こす人を見ていると、

 

間違いないと思う。

 

 

だからこそ、産後は体のケアが必要なんだけど、

 

どうも、気持ちのケアばかりに目がいって、

 

 

体のことは我慢するとか、

後回しになる。

 

 

抱っこだって、

オムツ替えだって、

寝かしつけだって、

 

全部、体があってできること。

 

掃除も洗濯も食事を作ることも、

話すことも笑うことも。

 

元気じゃないと、

ぜーんぶめんどくさくなって、

 

「やりたくないなぁ」

 

って気持ちになる。

 

「抱っこできなくて、ごめんね。」って。

 

 

それをカバーするのって、

 

 

気持ちじゃなくて、体だよ。

 

 

 

いくらでも抱っこできる腕の力、

凝らない肩、

赤ちゃんを支える体幹、

十分な睡眠時間

 

それがあったら、

「抱っこできなくて、ごめんね。」

なんて思わない。

 

 

 

 

気持ちだけで、

家事育児ができたら、

誰だって悩みません。

 

「めんどくさい」

「やりたくない」

 

という罪悪感をなくすためにできること。

 

 

それは、体のケアをすること。

 

 

ちょっとの不調を見て見ないふりして、

痛いのを我慢して、

 

何かをやり続けると、

 

「私ばっかり我慢している」

 

って、被害意識が大きくなるだけなので、

体の回復を優先!!!

 

 

あとは、悩みがちな人もぜひ、

体のケアを!!

 

 

体が心地よくなったり、

「無理」と思い込んでいる

一歩踏み出すという行動ができると、

 

悩むことから抜け出せます。

 

体が<悩んでいる>状態から前進するので、

気持ちも同じように前進するんですよね。

 

お、今までとは違うぞ!っていう実感が伴うので、

「体から入る自己肯定感」って、

 

とにかく、楽しいです。

 

産後で、そんな元気ないよーって人ほど、

そんな元気を手に入れるために、

体のケアを、ぜひはじめてみてはいかがですか。

 

産後こそ、質の良い睡眠を手に入れよう!↓

**********************

カラダづくりの最新情報はこちらから!!!

内山麻理子メールマガジン登録

期間限定でセルフケア動画をプレゼント中!

上質な睡眠を手に入れる
<骨盤呼吸法>
〜キレイをつくる とっておきのセルフケア〜

(所用時間約3分)

**********************

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket