久しぶりに次男と一緒に寝て、学んだこと。

久しぶりに次男と一緒に寝て、学んだこと。

===================

5月の産後ケア教室(4回コース)

新潟桜木教室  残席1

長岡教室 残席3

詳細・お申込みはこちらから。

===================

 

昨日、次男と、

久しぶりに一緒に寝ました。

 

 

一緒に寝なくなって、随分経つのですが、

前回がいつだったのか覚えていないくらい。

 

いつの間にか、一人で布団に向かい寝るようになりました。

 

 

それでも時々、

「部屋まで一緒に来て」と誘い 笑、

部屋に入った途端、

 

「はい、戻っていいよ〜電気消していってね!!

おやすみなっさ〜い!」

 

と言い放ち、布団に潜る。

 

お、おい・・・と言いたくなるんだけれど。

「おやすみ」と言って、ぽちぽちとリビングへ戻ることにしています。

 

 

暑がりな次男は、

小学生になったくらいから一人で寝ることを好むようになった。

 

一緒に寝ていても、寝入り端にはふっと離れ、

布団の冷たい場所を探して、寝付く。

 

(冷たいところが好き)

 

そのうち、一緒に寝ていると、

「せまい」と言うようになった。

 

(寝てます)

 

そして、心細さを私になんとかしてもらうよりも、

のびのびと眠ることを選ぶようになりました。

 

その代わり、コロコロが枕元に置かれるようになった笑!!

 

 

 

昨日も

「部屋まで来て」と言うので、一緒に行ったのですが、

 

「ちょっとお話ししよっか。」

と言うと、

「ちょっとだけね!!!」と返事が来たので、隣へ。

 

その途端、

 

「せまい!母さん、場所とりすぎ!!」と言われてしまった。

 

端っこにいたつもりなんだけどね。

 

そのうち、布団の取り合いに。

もう、お話しどころじゃない。

 

落ち着いた頃に、

そろそろ夏仕様の布団にして欲しいと言われ、

 

まだ早いんじゃ?と思いつつ、

ここのところ、暑くてTシャツ1枚で寝ているので、無理もないかと納得。

 

たいして話をしないうちに、

次男が足元の方へ移動。

 

「冷たい場所、取らないでね!!」

 

 

(冷たい場所好き・・・)

 

あ、いよいよ眠いんだ、私も戻ろうかな・・・。

 

そう思ったところから、記憶がなく。

 

 

ふと、肩が痛いな〜と思いながら目が覚めた。

 

寝落ちちゃったんだ。

 

 

自分の体が痛くなって目が覚めて、

 

次男も窮屈だったんだろうなって、

申し訳なく思い、布団から抜け出した。

 

相変わらず、足元の方で寝ていた。

 

 

赤ちゃんの頃から寝付きは良く、

ぐっすり眠る子だった。

 

 

長男は、寝付きも悪く、

1時間もしないうちに目を覚ましていたので、

 

あまりに長時間ぐっすり眠る次男が心配で

時々、息をしているか確認するほどだったっけね。

 

(どこでも寝る)

 

今後、もう

添い寝はないだろうな・・・。

 

そう思うと、

なんだかおかしくなって、

ニヤニヤしながら自分の布団に潜りました。

 

 

ひんやりしたシーツが気持ちよく、

あらためて、

「冷たいところ、取ってしまってごめんよ・・・」

 

と思ったものでした。

 

なんだか、こうしてみると、

本当に、どこでも寝る子で。

 

こんなのもあった(≧∇≦)

 

 

なんか、ね、

こっちの気分で、眠りを妨げちゃいけないなって

昨日の私の行動を深く反省し、

 

もう二度と、自分の気分で

この子の眠りを邪魔しない。

 

平成最後の誓いでした。

 

新潟桜木教室はお席わずか!!

↓↓↓

■5月コース受付中!産後ケア教室(4回コース)

【長岡教室】残席3
5/8 5/15 5/22 5/29 (全て水曜日10:00~12:00)
2018.10.31以降に生まれた赤ちゃんは4回通して同伴可

【新潟桜木教室】残席1
5/13 5/20 5/27 6/3 (全て月曜日10:00~12:00)
2018.11.5以降に生まれた赤ちゃんは4回通して同伴可

産後ケア教室の詳細・お申込みはこちらから

 

**********************

最新情報はこちらから!!!

内山麻理子メールマガジン

 

**********************

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket