病児保育はどうするの?妻が休む?夫が休む?

病児保育はどうするの?妻が休む?夫が休む?

転職してインストラクター業を始めるにあたり、

最初に心配したこと。

 

 

それは、

 

「子どもが具合悪い時の病児保育」

 

レッスンがある日は休めないと思ったので、

 

まず、ファミリーサポート(以下ファミサポ)の

病児保育利用に登録しました。

 

 

とサラッと言いましたが、

登録するまで、

すんなりいかなかったのです。

 

 

 

夫は最初、ファミサポ登録に、

反対していたのです。

 

 

それまで、体調不良による保育園欠席、呼び出しは、

全て私が対応していました。

 

職場の理解もあり、
そのために調整しやすいパートにしていただいたので、

当然と言えば当然。

 

 

それでも、何回も呼び出しがあったり、

休みが続けば、申し訳ないと思いましたし、

苛立ちもしました。

 

パートだから休んでいいと言うわけでもありませんし。

本当に職場の皆様の理解があってこそできたことでした。

 

でも、レッスンが始まれば、私の代わりはいません。

どうしよう・・・。

 

当時、東京中野に住んでいて、実家は2人とも新潟。

両親の手をかりることは不可能。

 

ただ一度だけ、インストラクター養成コース中、

どうしてもこの日は外せないというタイミングで、

 

次男が水疱瘡にかかり、

当時住んでいた中野区に新潟から母を呼んで、

次男を1日だけみてもらったことがあった。

 

でもそれは、本当に特別なことで、

そうそうできない。

 

 

ということで、ファミサポを利用しようと決めました。

幸い、病児の利用も可能だし、登録しない手はない。

 

そう思い、夫に話したら、

 

「知らない人に預けるの?賛成できないな。

それなら、俺も仕事の調整するし有給もあるから、

俺がなんとか、対応するよ。」

 

と言う。

本当に休めるのか疑問だったけど、

そう言うならと、その時は登録を見送りました。

 

しかし、その数日後、

次男が発熱。

 

私は、どうしても仕事を休めず、

夫に休めないか?と聞くと、

 

「今日は無理・・・・・・。」

 

「おいおい話が違うじゃないか!」と思いましたし、

言いました。

 

「急に休むってこういうことなんだよ、

だからファミサポ登録しようって言ったんだよ?」

 

って、言っちゃうよね。

俺がなんとかする言ったじゃん!って。

そんな簡単なことじゃないんだよ?って。

 

でも、喧嘩していても仕方がないので、

結局、その日は私が休むことにしました。

 

そして翌日、次男の熱は下がらず、休むことに。

 

「今日は俺が休むよ」

そう言って、夫が休みました。

 

子どもの具合が悪くなれば、

2〜3日休むことはよくありますし、

感染症の場合は出席停止期間が決まっていますから、

その日だけ休めればOKじゃないのです。

 

 

その、数日後、

 

「やっぱりファミサポに登録しよう」

 

と言うと、すんなり「うん」と言ったのでした。

 

突然の早退や休みって「休みます」だけじゃない。

仕事の引き継ぎや調整が必要で、簡単じゃない。

 

 

時と場合によっては、

職場の対応が渋い時もある。

 

「また休むの?」

 

なんて言われることも少なくない。

 

 

夫は、この時初めて急に休むことの大変さを、知った。

そして、病児とべったり一日過ごすことの大変さも。

 

それを経験してやっと、

「妻が休むことの大変さ」

「病児をみる大変さ」

がわかったのではないかと思う。

 

言葉で伝えてはいたけれど、

足りなかったと反省しました。

 

でも、経験して見えてくることもある。

 

 

それ以来、子どもの具合が悪いとなると、

まずはお互いのスケジュールを確認して、

どちらが休めるか?を調整するようになりました。

 

そして、どうにもならない時は、

ファミサポさんに依頼しました。

 

 

そういえば、夫は長岡に引っ越してすぐに

「ファミサポ登録しよう。」

と言うほどに 笑。

 

 

夫婦2人でできることに限界があると、

わかったからこその発言ですよね。

 

 

職場復帰するまでは、

どうなることか?と不安になるけれど、

 

心配なことや必要なことは、

まずはパートナーと事前に相談することが必須。

 

私のように反対されるかもしれないし、

聞く耳持たない人もいるかもしれないけれど、

 

でも、話さないことには、

 

何が大変で、何が準備できるかもわからない。

 

話したって、すぐに理解できないこともある。

やってみて気づくこともあるけど、

 

事前に耳に入れておけば、

後々、そう言うことか!と話が早く進むケースもある。

 

私がやらなければと、1人で抱え込むことは、

決して良い結果にはならないと思う。

 

体調を崩したり、

仕事を辞めてしまう人もいる。

 

夫への不満が募りに募って、

大爆発したり、

冷え切った関係になることも。

 

産後クライシスを

引きずっていればなおさらで。

 

 

 

ファミサポに限らず、

私が提案したことが、

すぐに通らないケースは他にもあって。

 

難色を示されたり、

「聞いた話と全然違う!」

と言われることもありました。

 

でも、そこで諦めたら、

不満は募るだけでなく、

やりたいこともできず、

笑うこともできなくなる。

 

そう思って、自分の意見を伝える。

 

 

そして、やってみてわかったのは、

全て1人で抱え込んで、1人で悩んでいることほど、

 

不安で、辛いことはない。

 

実際、子どもの具合が悪くなっても、

夫が休めないことは多い。

 

それでも、なんとか休もうとしたり、

私に「仕事どんな感じ?休める?」

と聞いてくれたり、

病状を確認してくれたり、

 

それだけで、かなり不安は払拭される。

 

 

お互いに協力している実感があると無いとでは全然違う。

 

だからまず、可能かどうかじゃなくて、

相談する、話すところから始めるといいと思う。

 

 

 

このファミサポの件は、

私の中ではかなり印象的で、

産後ケア教室では病児やファミサポの話題が持ち上がると、

よく話します笑。

 

当時は笑えなかったけれど。

 

 

 

次回は、

「仕事しても、家事はちゃんとするって言ったはずなのに」

について、書きたいと思います。

 

**********************

「産後のその先」をテーマに
ブログよりも濃い内容でお送りしてます!

ボディメイク情報は先行してご案内。

登録無料・いつでも解除できます。

内山麻理子メールマガジンご登録フォーム

**********************

【最新情報】2月・3月の産後ケアレッスン日程

<<お正月、産後太り解消月間!>>

■ 脂肪燃焼させるカラダをつくる!
産後のバランスボールレッスン(単発)

<満席→増席2>
新潟:2月18日(月)10:00~11:00 
スタジオマカマエ (新潟市中央区・駐車場有)

詳細、お申込み
https://pro.form-mailer.jp/lp/23fd25ce61619

 

■1回だけの産後ケア教室(単発)

<残席3>
長岡:2月27日(水)10:00~12:00
場所:スタジオチャオ(長岡市東坂之上・駐車場有)

<残席3>
新潟:2月25日(月)10:00~12:00
場所:スタジオマカマエ (新潟市中央区・駐車場有)

詳細・お申込み
https://pro.form-mailer.jp/lp/829aebb1107497

 

■心も体も整えてより美しく!
産後ケア教室(4回コース)

<残席1>
【長岡教室】
3/6 3/13 3/20 3/27 (全て水曜日10:00~12:00)
2018.8.29以降に生まれた赤ちゃんは4回通して同伴可

<残席2>
【新潟桜木教室】
3/4  3/11 3/18 3/25 (全て月曜日10:00~12:00)
2018.8.27以降に生まれた赤ちゃんは4回通して同伴可

詳細・申込み
https://sango-link.com/school/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket