育休明け職場復帰のワークライフバランスは、妻だけの問題?

育休明け職場復帰のワークライフバランスは、妻だけの問題?

「ワークライフバランスは変化する」

 

子育てが始まって、12年目を終えようとしていますが、

また、転機を迎え、

 

生活と働き方がまた変わるなと感じています。

 

これまでを振り返ってみると、

 

働き方も、夫との協力体制も、
変化し続けてきた。

 

ずっと同じ体制ではなく。

 

私の意識も変化し、
夫も同様だと思う。

 

春に向けて、不安となんとかしないとね、

という気持ちが入り乱れています。

 

 

 

先日、新潟県女性財団様にて、

「妻が育休後、職場復帰します」という、

妻が職場復帰を予定している夫を対象とした講座の別メニュー

 

妻を対象とした、

バランスボールとボディメイク講座を担当してきました。

 

この別メニューは、

夫が講座に参加している妻のみが受講できるというもの。

ですが、今日は別メニューについての話ではなく、

男性向け講座に寄ったお話です。

 

 

 

職場復帰を予定している妻向けの講座は

増えてきているし、ニーズもあるそうです。

 

新潟県女性財団様が主催する、

女性対象の復職についての講座は人気なんだそうです。

 

けれど、妻だけが復帰に向けて頑張る!じゃ無理が生じます。

 

なぜなら、母親が育休で家にいる状態から、

生活がガラリと変わります。

 

家族の生活がこれまでと一変すると言う事です。

 

 

なので、家族ぐるみでワークライフバランスを見直すタイミング。

 

 

とはいえ、経験がないと、
何が起きるかわからないし、

 

何をどうしたらいいのかわからないなんてことも。

 

かなりオブラートに包みましたが・・・。

 

ストレートに言うと、

 

妻としては

「夫が協力的ではない」

「協力は、期待できない」

「私1人が頑張らねば!」

と言う声が実際は、多く、

夫も

「協力するとはいえ、何をどうしたらいいのかよくわからない」

と言う声が、多い。

 

 

だからこそ、新潟県女性財団様の企画したような講座が存在するのですが、

こういった講座の参加理由は、

 

「妻に行ってこいと言われた。」

 

と言う声が、圧倒的に多い。

中には、積極的に参加される方もいらっしゃいます!

 

 

夫の育児参加だの、イクメンだのワンオペ育児だの、

色々と話題になり、

 

夫婦で家事育児を担うものが、
かなり浸透してきているかな〜と思っていましたが、

 

実際のところを聞くと、

 

いや全然、ぜーんぜん、そんなことはなくて、

 

家事育児は妻がやるものという意識が根強い。

 

とはいえ、夫が悪い、妻が悪いということでもなくて、

 

これまで、そういう風潮、風土、社会の中で、

育ってきたので、いきなり変わるのも難しいんだな

 

頭ではわかっていても、

気持ちがついていかないこともあるし、

 

それが根深いほど、

そう簡単に変わらないということもよくわかる。

 

実際、私自身もそうでしたし。

迷ったり悩んだりしながら、今も子育てをしている。

 

ただ、いつも思うのは、

 

今までの生活が一変し、
担う家事育児のバランスが変わることへの不満不安は

 

妻だけじゃなく、夫もある。

 

あるから、拒否反応が出るんだろうなとも思う。

 

 

 

私は、1人目の仕事復帰の時は、

家事も保育園の送迎も、

病児の際のお迎えも私がやるもんだと思っていました。

 

核家族で近くに両親は住んでいませんでしたし、

そうなるだろうなと育休中から思っていました。

 

それまで飲食店に勤務していたので、

フルタイムとなると勤務時間は夜遅くまでになります。

 

なので、子育てしながら、フルタイムの勤務は

「無い」とも思っていました。

 

そして、
ちょうど子育て真っ最中だったオーナーのご夫婦からの

提案や助言もいただき、

 

パートで復帰することにしました。

 

 

出産しても働ける場所があることが

ありがたいと思っていたので、

 

不満はありませんでした。

 

そういう働き方を選んだのだし、

自分がそうしたいと納得していたし、

 

何よりも、子育てしながら働くことを模索していたので、

 

とにかくやってみよう!

やらないと見えてこない!

 

そんな気持ちでした。

 

 

正直、この頃は、

ワークライフバランスなんて言葉は頭になく、

夫の育児参加なんて気にもせず、

イクメンなんて言葉は聞かなかった(無かったかな?)

 

もっと言ってしまえば、

将来の自分がどうなっていたいか?も無かった。

 

 

なので、この時のワークライフバランスは

これでよかったと思うし、

 

その後、私がフルタイムで働くときに生じた、

いざこざもあって当たり前だし、

 

変化も当然。

 

 

今でこそ、言えることなのかもしれない。

 

でも、この時は、

 

正しさや、こうするべきという

周りの判断よりも、

 

自分がこうしたいと決めたように思う。

 

だから、不満という不満はなく、

ひたすら夢中になって毎日を送っていた。

 

でも、自分がどうしたいかがわからず、

人に言われるままに決めていたら、

不満タラタラだっただろうな、と思う。

 

**********************

「産後のその先」をテーマに
ブログよりも濃い内容でお送りしてます!

ボディメイク情報は先行してご案内。

登録無料・いつでも解除できます。

内山麻理子メールマガジンご登録フォーム

**********************

【最新情報】2月・3月の産後ケアレッスン日程

<<お正月、産後太り解消月間!>>

■ 脂肪燃焼させるカラダをつくる!
産後のバランスボールレッスン(単発)

<残席3> 
長岡:2月13日(水)10:00~11:00 
スタジオチャオ(長岡市東坂之上・駐車場有)

<満席→増席2>
新潟:2月18日(月)10:00~11:00 
スタジオマカマエ (新潟市中央区・駐車場有)

詳細、お申込み
https://pro.form-mailer.jp/lp/23fd25ce61619

 

■ 妊娠前より美しく!
産後のボディリメイクレッスン

<残席3>
長岡:2月20日(水)10:00~11:30
スタジオチャオ(長岡市東坂之上・駐車場有)

詳細、お申込み
https://pro.form-mailer.jp/lp/2b5230ce158223

 

■1回だけの産後ケア教室(単発)

<残席3>
長岡:2月27日(水)10:00~12:00
場所:スタジオチャオ(長岡市東坂之上・駐車場有)

<残席3>
新潟:2月25日(月)10:00~12:00
場所:スタジオマカマエ (新潟市中央区・駐車場有)

詳細・お申込み
https://pro.form-mailer.jp/lp/829aebb1107497

 

■心も体も整えてより美しく!
産後ケア教室(4回コース)

<残席2>
【長岡教室】
3/6 3/13 3/20 3/27 (全て水曜日10:00~12:00)
2018.8.29以降に生まれた赤ちゃんは4回通して同伴可

<残席2>
【新潟桜木教室】
3/4  3/11 3/18 3/25 (全て月曜日10:00~12:00)
2018.8.27以降に生まれた赤ちゃんは4回通して同伴可

詳細・申込み
https://sango-link.com/school/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket