育児にかこつけて産後のメンテナンスは後回しにしていました

育児にかこつけて産後のメンテナンスは後回しにしていました

「育児にかこつけて、産後の自分の身体のメンテナンスは後回しにしていましたが、

今回受講させて頂き、改めてセルフケアの大切さを知りました。」

 

産後ケア教室をご受講くださった、

みゆきちゃん(産後5ヶ月)のご感想。

 

「育児にかこつけて」とおっしゃっていますが、

みゆきちゃんのお子さんは双子なので、

本当にご自身のメンテナンスどころじゃなかったと思うんです。

 

ですが、今回

マドレボニータの産後ケアバトン制度をご利用いただき、

教室を受講してくださいました。

 

いつも思うのですが、

赤ちゃんが一人であろうと、

双子であろうと、

 

今の私にはこれが必要だと思い、

産後ケア教室に行ってみようと思える

それがもうすでに、自分メンテナンスの第一歩だと思うんです。

 

教室に、申し込む、準備する、

当日間に合うように、朝から逆算して、

おっぱい飲ませたり、

身支度を整えたり、

上の子を登園させたりして、

教室まで行く。

 

想像するだけで、

「えーめんどくさい、そこまでしてやることじゃない・・・。」

と思ってしまうのが産後。

 

そんな元気も余裕もないから、

家にいるのに・・・。

と思ってしまうのが産後。

 

行く途中、車の中で赤ちゃんが泣いたら?

と思うと、家にいたほうがいいよね、

と思ってしまうのが産後。

 

みゆきちゃんの言葉じゃないけれど、

育児や産後ってことにかこつけていると、

 

自分のメンテナンスがおろそかになってしまうのです。

 

そういえば、先日、産後ケア教室の最終回でも、

 

「産後や冬ってことを言い訳にして、動かなかった」

 

とおっしゃった方がいらっしゃいました。

 

 

本当に、言い訳っていくらでもできますね。

でも、こうして素直に言い訳していたなと思えるのは、

 

行動を起こしたからこそ。

 

 

一歩先に進んだ証拠。

 

 

いつまでも、産後って言ってられなくなる。

いつまでも、子育てを言い訳にしていられない。

 

大人ですからね。

 

本当に大事なことをわかっているから、

勇気を持って一歩進むという選択をするのだなと思うのです。

 

 

さて、すいません!!

前置きが長くなりました!

 

みゆきちゃんのご感想、ご紹介します。

 

返信遅くなりました!

育児にかこつけて、産後の自分の身体のメンテナンスは後回しにしていましたが、今回受講させて頂き、改めてセルフケアの大切さを知りました。

1回目きつかったですが、4回目は何となく身体がついていっている事にも驚きました。

身体だけでなく、ワークで考える力を回復させる、内面からのセルフケアの必要性も実感しました。

特にパートナーシップは子ども中心になっている自分に、夫との関係をよい関係に保つきっかけにもなりました。

また赤ちゃんと一緒に楽しめることも魅力的で、近い月齢の赤ちゃんやママとの交流も、毎回楽しみでした!

ケアバトン制度を利用させてもらい、サポーターさんの存在も心強く、不安なく受講させて頂く事が出来ました。改めて中川さん、長澤さんにお礼を申し上げたいです。

皆さんの思いのつまったバトンを受け取れてよかったです!
そして、うっちー先生の笑顔、親しみやすさ、スタイルの維持、お臍を自在に動かせるところ、素晴らしかったです。
毎回元気をもらえました。
ありがとうございました(〃^ー^〃)

(みゆきちゃん 産後5ヶ月)

みゆきちゃん、最終回にみんなで記念写真を撮りたいと、

三脚を持参てくださったのです!

こういうの、大歓迎!!

そのおかげで、私も一緒にー^ ^

 

cof

 

みゆきちゃん、シェアリングのお時間でも

パートナーシップについて、いろんな気づきがあったようです。

 

コミュニケーションが取れていないということに気づいて、

「話してみます」と。

 

赤ちゃん中心になると、夫婦間のやりとりも

意識しないと、

いや、意識していても、

それまでのようにスムーズにはいかなくなる。

 

そうならないようにしようと思っても、

身体が言うことを聞かないと、

コミュニケーションする余裕もなくなりますもんね。

 

そんなことも教室では話すんです。

(あ、話したい人は、です。発言が必須ではないです。)

 

 

そして、産後ケアバトン制度では、

多胎児の母は受講料の補助を受けられるのです。

 

多胎児の母の他には、

 

出産前後に長期入院された方、

早産児、低体重出生児の母、

障がいがある児の母

シングルマザー

10代で出産した母

などが対象となります。

 

 

 

詳細は、こちらのページをご覧くださいませ。

参考:産後ケアバトン制度について

 

ちなみに、多胎児とともにご参加の場合、

介助ボランティアの方が一緒に教室を受講し、

サポートしてくださいます!!

 

今回、みゆきちゃん母子には、

お二人のサポーターさんにご協力いただきましたよ。

 

ちなみに、ボランティアの皆さんは、

教室の卒業生だったり、

同じように多胎児がいらっしゃる方だったり、

この制度に賛同し、協力したいと言う方々なので、

とっても心強いです。

 

そして、最後に嬉しいお言葉を頂戴して、

ちょっといい気になってます(≧∇≦)

 

お臍を動かせるようになると、

いつでも平らなお腹になります。

 

できるようになりたい、

お臍を自在に動かせるところが見たい方は、

ぜひ、産後ケア教室へ!

 

↓↓↓

「ココロもカラダも軽くなる!産後のボディリメイクレッスン」

詳細・お申込みはこちらから

■5月コース受付中!心も体も整えてより美しく!

産後ケア教室(4回コース)

【長岡教室】
5/8 5/15 5/22 5/29 (全て水曜日10:00~12:00)
2018.10.31以降に生まれた赤ちゃんは4回通して同伴可

【新潟桜木教室】
5/13 5/20 5/27 6/3 (全て月曜日10:00~12:00)
2018.11.5以降に生まれた赤ちゃんは4回通して同伴可

産後ケア教室の詳細・お申込みはこちらから

 

**********************

内山麻理子メールマガジンご登録フォーム

 

**********************

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket