「不安」の正体とは

「不安」の正体とは

今、メルマガを準備中です。

どんなメルマガにしようか・・・・と、
考えていると、
ワクワクしてくるのですが、

 

実際に、準備を始めると、
慣れないメルマガスタンドの設定や、
告知文に悪戦苦闘中です。

 

 

経験がないことや、
これは苦手分野だと、
思うことには、

「不安」が付きまとう。

「不安」を抱えながらも、
チャレンジしてみたところで、

思うように捗らなかったりすると、
「不安」はさらに大きくなっていく。

 

今、まさに私はその渦中にいるのですが。

 

「不安」って、

とっても便利な言葉だと、
私は思っている。

 

「不安」と言って、
逃げることもできる。

 

でも、そうしない。

なぜなら、「不安」だからと言って、

やらない、
やれない、

 

その理由にならない。笑

 

だって、

「不安」は妄想だから。

起きもしない、
ありもしていないことを想像して、

どうしよう・・・

と思うことなんだと。

 

かつて、私は、

「不安」と言っていれば、
許されると思っていた。

 

「不安」だ、「不安」だ、

と言って、

部屋に閉じこもっていれば、

何もしなくていい。

現状維持でいい。

 

「不安」なんだよ、
と誰かに訴えて、
なんとかしてもらおうと思っていた。

 

これって、ある意味「楽」。

 

ここに気づいちゃった時には、

驚きと、
ショックで。

笑うしかなかった^_^;

 

「楽していたんだ、私!!」

 

 

しかも、
そうやって、
何もせず、

先に進もうとしないから、

 

もっと「不安」になる。

 

ここにも気づいちゃったので、

もう、
行動しないわけには、
いかない。

 

なので、やるしかない。

 

 

これは、
仕事のことばかりに当てはまるわけではない。

 

「お腹のお肉なんとかならないかなぁ」と、

思いながらも、
何もしなければ、

何も変わらない。

 

夫と喧嘩して、
「仲直りしたいけど、ムカつくから喋んない!」と、

話さなければ、
気まずいまま。

 

「不安」や「イライラ」は、

そのまま、私の中に残る。

 

不安を解消するには、
行動を起こすこと。

 

何から始めたらいいかわからない時は、

私の場合、

セルフケアをする。

ほんの数分間だけでも、
自分のケアをして、
対話してみると、

心が落ち着いて、

「あれから始めよう」

「よし、気合を入れてやってみるか!」

と思える。

 

 

ストレッチや、
軽いエクササイズをすると、
血行が良くなって、
体が温まるので、

次の行動にうつりやすく感じる。

 

なので、
何から始めたらいいかわからない時に、

セルフケアをするのは、
オススメです。

 

メルマガには、
カラダづくりレッスンなどで行なっている、
セルフケアなどについても書いていきたいと思います。

 

もしよかったら、登録だけでもしてみてください。
メルマガは無料ですよ〜。

【内山麻理子メールマガジンご登録】

 

【受付中のレッスン】

■産後のカラダとココロをケアする「産後ケア教室」11月コース

・長岡教室 残席1名さま

・新潟桜木教室 満席→増席2名さま→キャンセル待ち

■産後のボディケアの基礎の基礎「赤ちゃんとできる!産後はじめてのカラダケア講座」

長岡:10/18(木)

新潟:10/22(月)残席4名さま

New!
■産後ケアのその先のカラダづくり「見た目にこだわるカラダづくりオンラインレッスン」

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket