「私、毎日頑張ってるなー」って思ったら、いろんなことがそんなに悪くないように思えた話。

「私、毎日頑張ってるなー」って思ったら、いろんなことがそんなに悪くないように思えた話。

産前産後の心と体を心地よく。
長岡の産後セルフケアインストラクター内山麻理子です。

 

大崎ゆうきさんの「マザーズコーチング」に行ってきました。

改めて振り返ってみて、一番の収穫はですね、

「いやー、よくよく考えると、私、本当に毎日頑張ってるわーーー!」

って胸を張って言えたことかな(笑)思い過ぎかな?そんなことないかな?とも考えたけれど、いやいや、何度考えても、最近の自分、怒涛のスケジュールをこなして、寝て、また起きて、子どもたちにご飯を食べさせ、なんとか送り出してる。登校する子どもたちの後ろ姿を眺めるのが、私の毎日のささやかな楽しみで、それを今日も見送れたってことは、ウンウン、なかなかいいね!と。

子どもたちにイラっとしたし、夕ご飯は手抜きしたし、食器洗いは翌日にしたけど、そのぶんお風呂にも入れたし、子どもたちが消灯時間を過ぎても寝なかったけど、二人で楽しそうにしていたし、自分の布団で眠れることができたし。不眠症だったし、今でもブルーな気持ちで布団に入るのが、スゴーーーーーーク嫌な私にとっては、心地よく布団に入れるってのは、ものすごく幸せなんです。

って思ったら、他のこともあんまりいけてないなーって思ってたけど、そんなに悪くないって見えたから不思議。いつも変なメガネをかけて自分の世界を見ていたんだなって思った。そして、素直じゃない自分、単純な自分に呆れたと同時に、でも私ってもともとこうだよねって思えたのは、気持ちよかった。

 

私たちってどうしても、あれもこれもやらなくちゃいけない、あれもこれもしたいって思っちゃうじゃないですか。(そうじゃない人、すみません)で、それがスムーズに行かなかったり、できなことがあると、できなかったことや、やり残したことに目がいっちゃって、できたことを見逃しちゃう。本当はできなかったことばかりじゃない。

産後ケア教室でもテーマは違えど、同じことを言ってます。けど、こうして自分以外の誰かに問いかけられることで、また違った立ち位置で自分を見ることができるんだなというのも大きな発見でした。いかに頭でっかちになっていたことか。

いつもと違う場所で考えてみるというのが、やっぱりすごくいい。ずっと家にいると、洗濯物とか、ゴミ箱に溜まったオムツとか、散らかった部屋とか気になって、いまいち集中できなかったりします。

なので、それをゆうきさんのリードのもと考えることができたのがすごくよかった。参加して正解でした。

 

そもそも、なんで参加しようと思ったのかというと、次男とのことをブログに書いていた1ヶ月くらい前。次男との関わり方を見直して、今後どうしていこうかなと思ったんです。

子育てしていると、子どもの成長や環境、自分の状態によって、これまでと同じような声がけや関わり方はもうできないなと感じる時がある。子どもの活動範囲が広がり、人との交流が増えていくことで、「今までとは違う何か」の原因を完全に把握することはできないなと思った。子どもだって頭や心の中にある全てを話してくれるわけではないですし。だから、話して聞いてだけじゃなく、子どもの言動、表情、醸し出す雰囲気とか、私以外の人とのやりとりを見て、想像して見守るしかない。

子どもだって、言葉では説明できないけれど、学校でのこと、周りの人たち、家族の成長によって、「俺、今までとは違うな」と感じ、戸惑うところがある。例えば「もう1年生じゃないな、2年生なんだしな」みたいな自覚とか、先生との関わりや友達関係も影響していて、まさに子ども扱いするな的な雰囲気になることがある。

その変化に、すっと対応できる時もあるし、正直、親である私がついていけないこともある。子どもの成長って早い!!!

そうか、そうね、今気づいたんですけど、子どもの成長についていけない時に、親として私はどうなんだろう?って、つまづき悩むのかしらね。

 

親の成長と、子どもの成長は同時進行ではないんですねー!

 

あらやだ、すごい発見!でも、そうじゃないですか?産後、ずっと子どもと親の成長について違和感があったけど、なんだかスッキリした感じです。子どもの成長とともに、自動的に親も成長するように感じていたけれど、それは錯覚ですね。

 

 

 

しかし、あれですよ、自分のことを一番褒めてあげられるのって、本当は自分なんじゃないかなって思う。自分の人生は自分でしか歩めないのと一緒で。

それを頭でわかっていても、なかなかできないんですよね。私はそんな時は、人の手を借ります。そう、だから大崎さんの講座に参加したんです。

気になる方は、ぜひ、大崎さんの講座に行ってみてください。間違いなしでっす。

 

 

産後の心と体をしっかりケアする「産後ケア教室」11月コース受付中!

超初級編:産後のバランスボール体験レッスン(単発)

産前から知っておきたい産後の体とリアルな毎日:産前産後の母親サロン

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket