子どもが成長するにつれ、親の時間が増えるかと思ったら。

子どもが成長するにつれ、親の時間が増えるかと思ったら。

産前産後の心と体を心地よく。
新潟県長岡市の産後セルフケアインストラクター内山麻理子です。

子どもたちの夏休みが始まり、あっという間に1週間が過ぎました。怒涛です。その怒涛の1週間で学んだこと。それは、

子どもたちが成長するにつれ、親の時間が増えるかと思ったら、子どものスケジュールが増え、その調整とフォローで、かえって忙しい。

子どもたちができることが増えてきたなと感じると、自分の予定も入れたりするからなんでない?とも。

 

とある事情で、次男の夏休みの宿題にガッツリかかわることになり、余計にそう感じるのかもしれないけど、とにかく事前の調整が大変だなと感じました。

 

長男のサッカーの予定や、次男の予定、学校行事や私や夫のスケジュールを調整していくと夏休み中に全員がそろう日が年々減ってきている。1泊の旅行を計画するのが難しくなってきている。

私が家族で海水浴に行った一番最後の記憶が小学校5年生の時。それでも兄はいなかったし、私は水泳練習があり、後から行った記憶がある。

今年は、海に行くぞーーーって張りきったけど、全員が心おきなく揃う日が・・・・ない!!ということに気が付き、この時がこんなにも早くやってくるものかと驚いた。だから、もう今年が最後のつもりで、夏を楽しむことにした。そして、子どもたちの夏休みをも一緒に楽しむことにした。

だからと言って、仕事をしないわけでもないし、私は私の予定を入れることを躊躇するわけではない。ただただ、このあわただしさと、暑さを楽しもうと決めた。それだけです。

 

おかげで、夫は仕事で行けなかったけど、子どもたちと一緒に海に行った。(友達も誘ったよ!!)

030

町内の祭りもがんばってみた。

夜の会議にも出席しているし。

東京に日帰りでお仕事。養成コース10期生の実技試験の採点者として!!10期生4人とも合格!!

010

まついなつきさんのところへ、今の私の答え合わせをしに行ってみたり。不安いっぱいだったけど、ほぼ今のままでいいと言っていただき、肩の力が抜けた。

子どもたちと花火をしてみたり。

夫がめちゃくちゃ忙しくて、まともに顔を合わせる日が少ないのだけど、メールと会えた時のやりとりで、フォローし合うという奇跡(!)が起きていたり。

忙しいけど、朝は5分だけ草取りをするとか。

015

子どもの夏休みを楽しむと言いつつ、夏休みに乗っかって、私が一番楽しんでいる。調整は大変だけど。

大変大変と思いながら過ごすより、大変だけど楽しむためにはどうしたらいい?を考えると断然楽しくなってくると言うことを、またしても知る、2016夏。夏はまだ終わっていないし、秋に向けて何をしようかと思うと、これまた楽しくなる。

その為に、体を整えないとね!夏バテしたら、元も子もない。常に自分のカラダと相談しながら毎日を過ごそうとより思うようになった。なぜなら、夏によく体調を崩していたから。今年は、気をつける!!

 

今日から、2016長岡まつりです。これから、友達と、産後ケア教室の卒業生と、マドレ仲間とお神輿を担いできまーす。

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket