新生活が始まる!不安や緊張に翻弄されないために知っておきたいこと。

新生活が始まる!不安や緊張に翻弄されないために知っておきたいこと。

産前産後の心と体を心地よく。長岡の産後セルフケアインストラクター、内山麻理子です。

卒業シーズンと重なる、産後のボディケア&フィットネス教室3月コース。今週は、新潟桜木教室も、長岡教室も最終回を迎えました。卒業をおえると、今度は新年度がスタート!4月から仕事復帰や入園入学などの準備で落ち着かない日々を迎える方も少なくありませんよね。

我が家は、夫が異動、次男が小学校入学ということで、また生活スタイルが変わります。夫の異動や、子どもたちの入園入学は初めてじゃないのだけど、緊張しています。何度やっても慣れないです。ただ、今回は緊張しているなというのを事前に自覚することができたのははじめてのことではないかと思います。

よくよく考えると、異動や引っ越し、入園入学する子どもや場所、住まい、年齢も仕事の状況も毎回変化しているので「同じこと」ではないので、慣れないというのはあたりまえかもしれないですね。

引っ越しを伴う転勤に比べたら、異動や入学なんてたいしたことじゃないと思う方も少なくないと思います。でも、そういうの大小の問題じゃないと思うんです。状況や背景、その人の状態によって、受けるダメージは変わってくると思うのです。

とにかく、これまでのなれた生活スタイルが変わるわけですから、何かしらのストレスが生じるわけです。私だけではなく、家族にも影響があると思うと、大したことじゃないと言いきれないのではと思うのです。そんな時、気にかけておきたいのが、

私は大丈夫だしという強がり、過信はせずに。

もうひとつ、緊張していること不安に思っていることを自覚するってことです。

そのうえで、不安も緊張も一人で抱え込まない、周りの人たちと共有すること、だと思うんです。それがわからないと、大変さに翻弄されるから・・・。

 

ちなみに、これまで長男の産後に2度の引っ越し、3度の夫の異動、新しい保育園や入学を3回以上経験してきて、緊張しているし、不安だよーーーーって事前に自覚したのは今回が初めてです。(おい!)

063

 

それまでは、私ならちょっと大変なくらいは平気!大変なのは当たり前じゃん、我慢するのは慣れている!不安とか言っていられない。夫や子どもの生活が整うのがまずは優先だから。すっごく気負っていたし、方に力入りまくっていたし、ヘンなアドレナリンでハイになっていました。

これは、産後も同じことで、子どもが産まれたんだし、大変なのは当たり前じゃん。私が我慢しなくてどうする?お母さんになったんだし、まずは子どもと夫が優先でしょ!!!体がしんどいとか言っていられないっていう気負い。

でも、その後の反動が大きかったのです。体調を崩したり、うつっぽくなって家出したり。自分で我慢することを選んだのに、無意識のうちに「みんなずるいな~、私のサポートがあるから、今こうして落ち着いたんだよ!!でも、私をサポートしてくれる人はいなくて、自分で何とかするしかないんだ・・・メソメソ(;_:)」ってなって、いじけていた気がします。だからと言って、夫にもっと相談していたかというとそんなことなくて、勝手に抱えてぶっ倒れていました。

そんな経験から・・・・

大きな反動があった前回の引っ越し後は、夫ととことん衝突して、何度も話してきました。ケンカもしたし離婚を考えたこともある。だけど、時間をかけて話しました。

今後転勤があったら私たちは何を優先するか?どういう体勢で、子育てしていくか?私がぶっ倒れたらどうするの?とか、子どもあと一人どうする?とか、細かいやりとりだけでなく、今後の展望を「また話すんかい!!」ってくらい何度も何度も話しました。

 

今回の異動については、事前に話していたし、入学準備は夫と手分けしてやっているので、これまでほどの不安はないと思います。あるけど、夫がそれを知っているというだけで、全然違うんですね。

今回の夫の異動は本来は引っ越しを伴ってもおかしくない距離です。夫も大変だと思うんですけど、夫が言うには「妻が一番大変」だと思っているのだそう。それ、言われた時はしばらく、そんなことないじゃんって思っていたのですが、よくよく考えると、確かに夫のおっしゃる通り!で(いちいち鈍い)で、そのことをちゃんと自覚して、不安と緊張をMAXまで持っていかないように、夫や友人に「た、大変かもしれない、どうしよう・・・」とこぼしています。でも、それだけでもすごく楽です。

064

明日から4月!不安と緊張で胸が押しつぶされそうになっているあなた。深呼吸をして、今の自分の気持ちをしっかりと受け止めてみてくださいね。そして近くの人に話してみてください。3月31日だからもう間に合わないなんてことはない。今からはじめてみましょ☆

ファイトーーー!

 

はじめての産後ケア長岡講座は残席6。はじめてはドキドキとワクワクがセットです。まずはやさし産後ケアから始めませんか?

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket