産前産後こそ借り上手に!今年の漢字を決めてみた。

産前産後こそ借り上手に!今年の漢字を決めてみた。

産前産後の心と体を心地よく!
新潟長岡の産後セルフケアインストラクター内山麻理子です。

今年の2016年1月が終わりついに2月突入です。ついこの間まで、クリスマスだー年末だーと騒いでいたのに。今、スーパーでは恵方巻きと豆まきとバレンタインで賑わっていますね。

さて、スピード感満載で季節が過ぎる中、私はやっと今年の漢字が決まりました。いつもは、1月入ってすぐに決まるんですが、今年はなかなか決まりませんでした。

そして、ついに決まりました!!時すでに2月!!ですが(笑)

【借】

 

年末にこんなこと言っていた本人が、決まっていないなんて・・・。決まらない原因は、今年はどうしたいかがみえてこなかったからなんですけど。

今年に入って、昨年まで種をまき水をやり温めてきたことが、芽を出し始めた。

種をまいてきたことで、いろんなものを引き寄せているような気がしている。いろんなものというくらいなので、一つや二つじゃなく、同時に複数のことが動き出した。そこで、気になるというか今から懸念しているのが、私の容量である。

正直、今年に入って1か月しかたっていないけど、容量が不安だ。というかこのままでは、やりたいことがたくさんあるけど、オーバーヒートしそうな予感

いまから、アップアップするのは見えている。でもやりたい。そんな時、どうするか・・・。

自分の力の限界を知り、できないところは、よそから借りる。
素直に、感謝して借りる。
誰かの力を借りるのだ。

よし、今年の漢字は「借」に決定だ!
今まで、借り下手で必要以上に遠慮したり、相手に悪いなって思ってびくびくすることもあったし、本当は手を借りたいけど、いいだせなかったりして、その後自分の中でモヤモヤすることが何度もあった。

それなら、借りずに一人で何とかしよう、もしくは開き直ってとか、とにかく借りるのが下手。
でも貸すのは、それほど気にならす、相手に対してもそんなに悪い気持ちはしない。

結局、自分の問題。壁を作って難しくしているのは自分自身!ということで、今年は借り美人になることを意識していきたいと思う。

美人(仮)!!?じゃないよ!

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket