産後、少女、ときめき、SNS、バナ夫!

産後、少女、ときめき、SNS、バナ夫!

産前産後の心と体を心地よく!
新潟長岡の産後セルフケアインストラクター内山麻理子です。

昨日の「産後、少女、ときめき、SNS!」の続きです。

2年生の姪とかわいいグッズが売っているお店で300円以内で購入できる、自分好みの何かを探すのが楽しくなってきた。消費税もちゃんと考えて、予算内で買えて自分が本当に欲しいものなんて限られている。もう宝探しのようなものです。

そんななか、ついに何これ、コレ欲しい!使う!おもしろい!というものを見つけました。

014

BANAOって書いてあるメモ帳100円(税別)。

姪っこに「まーさん、それでいいの?(笑)」って言われたけど、いいのだ。ちょっとしたお手紙や贈り物に添えるのに最適じゃないか!!ちなみに調べました、BANAO。

エリートバナナ バナ夫って言うらしい。なんとフェイスブックもやっているらしい。LINEスタンプもあるし、サブキャラもそろっている。ナンカいろいろ欲しいかも?と思っている私。完全にバナ夫の思うつぼですね(笑)。びっくり。いや、今時当たり前なんだな。

とまあ、姪っこのおかげで帰宅してからもいろいろと発見があり楽しんでいます。そんなこんなをブログに書いてみたり、バナ夫を調べたりしながら、フェイスブックでの誰かの投稿にコメントしたり、いただいたコメントに返信したりしながらニヤニヤ(!)している私。

産後に、ツイッターを始めた頃は、得体の知れないそれにドキドキして、フェイスブックも「ツカイカタワカンナ~イ」とか言っていたのに、いつの間にかコメントしながらニヤニヤするようになっていて。SNSとか無理無理無理無理とか言っていた自分、なんだったのだろう・・・。

変わらない自分と変わった自分を感じた。

というか、変わろうとか変わらないとかなんか考えず、もうやるかやらないか、それだけなんだと思った。

姪と買い物をするかしないか。
バナ夫を探すか探さないか。
フェイスブックにコメントするかしないか。

ブログを書くか書かないか。
バランスボールをするかしないか。
夫と楽しく話すか話さないか。

やってみたい、こうしたいと思うことを実行するだけ。そしてそれをやってきたからここにいる。私にとってはそれだけなんですね。意外と頭の中でいろいろ考えたり、悩んだりしているときは手や足が止まっている。その時間に何かを得たのかというとそうでもないかな~。ま、悩んでいたい時もあるけど(笑)

でもさ、先月41歳になって、子どもたちや姪っこたちの成長を感じると、残された時間がものっすごく短く感じて悩んでいる時間がもったいないと思ったんですよね。悩む時間が無駄とかよく聞きますけど、本当だ。それなら、その時間を使ってバナ夫にときめくとか、夫と話し込むとか、子どもたちと人生ゲームするとか、仕事するとか、好きな人たちに会いに行くとか、体を手入れするとかしたほうがいい。

だって、時間は限られているからね。

 

出産後の体のケアだって、悩んでいるならやってみる。出産で変化した体をケアしないまま残りの人生を過ごすのと、ちゃんとケアして立て直してからこれからの毎日を過ごしたほうがずっとずっと楽しめる。ケアをするかしないか、それだけです。
産後のボディケア&フィットネス教室1・2月コース、絶賛受付中です!

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクター
ボディメイクトレーナー
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、出産した女性の産後ケアの重要性を実感。産後ケア教室、産前産後のカラダケア講座、など多数開催。また、オンラインでボディリメイクレッスン開催中。述べ受講者数は約2000人。社会福祉主事任用資格保持。2児の母。
LINEで送る
Pocket