産後ケアバトン制度 (受講料補助制度)

◆以下のいずれかに当てはまる方は、産後のボディケア&フィットネス教室の受講料の全額補助を受けることができます。

● 以下の場合お子さまが3歳の誕生日を迎える日まで受講料補助をご利用可能

  • 多胎児の母(必要に応じ「介助ボランティア」の手配をいたします。)
  • ひとり親
  • 障がいのある児の母
  • 出生〜生後180日の間に連続21日以上入院中または入院した児の母

● 以下の場合お子さまが1歳の誕生日を迎える日まで受講料補助をご利用可能

  • 妊娠22週以降に連続45日以上入院した母
  • 10代の母
  • 早産児・低出生体重児の母(出生体重2000g未満または34週未満で出産に該当する方のみ
  • 東日本大震災で被災し、避難中の母

産後ケアバトン制度の詳細・お申し込みはこちらから。

063

サポート内容

上記のいづれかに当てはまる方は、下記のサポートを受けることができます。
(2014年8月1日現在の受講実績は211組です)

  • 産後のボディケア&フィットネス教室の受講料の補助
  • 受講の際や、教室への移動の際に介助ボランティアによるサポート

なお、サポートのための費用はマドレ基金にてまかなっています。詳細は下記のマドレボニータ公式ページをご覧ください。
→ マドレ基金 – すべての母に産後ケアを

 

心身の健康と仲間を得るために

産後ケアバトン制度は、社会的に孤立化しやすい環境におかれた母親が、外に出るためのきっかけをサポートします。

これによって産後ケアに取り組むことができると、安定した産後を過ごすことができます。

  • 産後の心身の健康の回復
  • 産後の仲間、友達ができる
  • 地域に子育てのサポーターを得ることができる

産後ケアどころじゃない!そんなあなたにこそ産後ケアを

当初、私たちの教室に、この産後ケアバトン制度の対象者とされる方々の姿はありませんでした。

なぜなら、外に出ることが困難、病院と自宅の往復の毎日で、出産のダメージが大きい、長期間の入院で絶対安静が続き体の回復が思わしくないその上に、自分身体をケアする余裕もないなど、産後のケアに取り組みにくい状況にあったからです。そしてそれは、孤立化、つまり密室育児につながりやすいのです。

しかし、そんな母親達こそ産後のケアが必須。

そこでマドレボニータでは、2011年3月より産後ケアバトン制度を立ち上げ、教室への参加のハードルを下げ、産後のケアに取り組みやすくなるようサポート体制を整えています。

2014年より、合同会社西友様より、ご支援をいただき、産後のボディケア&フィットネス教室に産後ケアバトン制度を利用して受講可能枠が拡大しました。
それまでは、全国の教室でひと月7組しか受講していただくことができませんでしたが、ひと月あたり17組と、倍以上の方に受講していただけるようになりました。

 

お申し込み

下記のバナーよりお申込みください(別ウインドウが開きます)

産後ケアバトンバナー

 

また、マドレ基金ではリーフレット『妊娠中〜産後の過ごし方ガイド』の配布も行なっています。詳細は以下よりご覧ください。(PDFデータも無料でダウンロードできます)

→ リーフレット『妊娠中〜産後の過ごし方ガイド』の普及にご協力ください

LINEで送る
Pocket