「当たり前」の毎日に立ち止まる

「当たり前」の毎日に立ち止まる

今日は、もう寝てしまおうと思ったのだけど、

これをやらずに眠れないと思ったので、

ブログをアップしています。

 

10/14に映画「いのちのはじまり」の上映会があり、

それを、観に来てくださった、

産後ケア教室OGの、シゲからご感想が届きました。

 

 

読んでいて、

一人で読むのはもったいないと思い、

ブログで紹介させていただくことに^ ^

 

では、さっそくどうぞ!

 

*******************************************

 

先週はお誘いいただき、ありがとうございました。

ブログを読んで、私も感想を伝えたいと思いました。
一人目を産んで、
半年か一年くらい経ったころに、
産む前は母性がどうとか、
そんなことばかり聞いたり、
見たりしていたけど、
愛されるのは、子どもじゃないんだ、
子どもから、
これまで誰からももらったことのない愛を
母親はもらえるんだと思って泣いた日のことを、
その気持ちを鮮明に思い出しました。
そんな愛をくれる子どもが、
いとおしくて、いとおしくてたまらなかった、
その事を忘れていました。
今が当たり前すぎて。
その状態に慣れてしまっていたんですね。
ありがとうございました。
育休の間に元気な体を作ったおかげで、忙しい中でも、ほとんど体調を崩さず、元気に働けています。
少し太ってしまいましたが。
ありがとうございました😆💕✨
*******************************************
く〜っ!嬉しい!
シゲは、当日お子さんと一緒に観に来てくださったのです。
予告なしで、突然目の前に現れた時は、
びっくりするやら、嬉しいやら☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
そのうえに、ご感想まで。
観た人にいろんな思いを残す映画で、
ご観覧いただいた方とお会いすると、
だいたいこの話になります。笑
自分の映画でもないけど、
「観に来てね」って言うのって、
なかなか緊張するんですね。
でも、ご感想を聞かせていだくと、
それが吹っ飛ぶというか。
おお、勇気を出してお誘いしてよかった!
と思います。
「今が当たり前すぎて」
この言葉に、ドキッとします。
そうですよね。
毎日をやり過ごすようにしていると、
日々が流れていく。
「当たり前」は
実は「当たり前」ではない。
「今」は、一瞬で、
「今」は二度と戻らない。
ふと足を止めて、
過去を見て、
「今」を見て、
未来を見る。
走り続けていると見落としていることがある。
子育てに限らず、
仕事でも、
日々の生活でも同じことが言える。
走り続けたい時もあるけど、
休息も必要。
足を止めたことで、
見たくない事実に目を向けることになるかもしれない。
でも、ずっと目を背け続けるよりはいいかな。
なんて、私も思いました。
産後ケア教室は4回で終わるので、
その後、卒業生となかなか会えないのですが、
街中でばったり会ったり、
イベントなどで会いに来てくださる方もいて、
ものすっごく嬉しい。
「笑顔を見せてくれる」
それだけで、幸せな気持ちになっちゃう。
上映会にも、懐かしいお顔がたくさん!
見に来てくださった皆様にも、
あらためて感謝の気持ちで一杯です。
そして、シゲー!
素敵なご感想をどうもありがとうございました( ^ω^ )

 

■ただいま準備中!「内山麻理子メールマガジン」

メルマガには、
カラダづくりレッスンなどで行なっている、
セルフケアなどについても書いていきたいと思います。

 

もしよかったら、登録だけでもしてみてください。
メルマガは無料ですよ〜。

【内山麻理子メールマガジンご登録】

 

 

【受付中のレッスン】

■産後のカラダとココロをケアする「産後ケア教室」11月コース

・長岡教室 残席1名さま

・新潟桜木教室 満席→増席2名さま→キャンセル待ち

■産後のボディケアの基礎の基礎「赤ちゃんとできる!産後はじめてのカラダケア講座」

長岡:10/18(木)

New!
■産後ケアのその先!「見た目にこだわるカラダづくりオンラインレッスン」

 

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket