いつの間にか大きくなっているって、ちょっと贅沢だとも思った。

いつの間にか大きくなっているって、ちょっと贅沢だとも思った。

長男といっぱい話した休日。

そこには、夫もいて。

次男のサッカーの試合の応援に。

3連休。

やりたい仕事はたくさんあるし、家のこともあれしたいこれしたいと気になる。

けど、次男の試合も気になる。

 

 

「何を話してるんだろ?」と撮ってみた。

聞いて見ると、たいした話はしていないそうで。

そういえば、次男の試合を見に行ったのに、試合中の写真を取ることすら忘れた。

 

昼食は、イオンのインドカレー。

以前、長男がサッカーの試合で次男と夫と3人で訪れた時に、これは絶対に長男が好きだと思った。

今度連れてきてあげようと思って、随分経ってしまった。

みんなで外食となると、ラーメン率が高い我が家ですが、今日は反対意見もなく無事にインドカレーへ。

案の定、長男が「うまいうまい!」と喜んで食べる。

 

最新のスマホが欲しいとか、地球の不思議話とか、しーちゃん(猫)の可愛い話で時間が過ぎ。

来年は中学生か〜と思いながらまじまじと長男の手を見る。

手のひらは、もう私とほとんど同じ大きさ。

言うこともだんだん大人びてきて、いつの間にこんなに大きくなったのだろうと思った。

 

 

いつの間にか大きくなっているって、ちょっと贅沢だとも思った。

もちろん、長男が生まれての12年間をずっと見てきたけれど。

いいことも大変なこともいっぱいあって。

きっとこれからもたくさんあると思う。

 

これからは、もっともっと親が見ていられることは少なくて、でも、それでも成長していく。

ありがたい。

 

これから、もっともっと見ている時間は少なくなると思う。

でも、いいのだ。

 

なんて思った休日です。

 

【受付中のレッスン】

■産後のカラダとココロをケアする「産後ケア教室」11月コース

・長岡教室 残席3名さま

・新潟桜木教室 残席5名さま

■産後のボディケアの入門編「赤ちゃんとできる!産後はじめてのカラダケア講座」

長岡市、新潟市、上越市の3箇所で開催!

New!
■産後ケアのその先のカラダづくり「見た目にこだわるカラダづくりオンラインレッスン」

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket