子育て、自分時間のバランスの取り方を意識する

子育て、自分時間のバランスの取り方を意識する

産後の私を確認して、それまでの私を一旦リセットして、新たな気持ちで私を再構築する。

その大切さとともに、その素晴らしさを感じた産後ケア新潟桜木教室8-9月コースでした。

 

 

最終回、この1ヶ月間を振り返って聞こえてきた声。

「運動をする楽しさを知った。今後も運動を意識していきたい。そして、子育てと自分時間のバランスを意識するきっかけになった。一生ついて回ることなので、意識していこうと思う。」

 

「上の子の時に参加して、その時の5年後の私について話したことをよく覚えている。今回は、体にも変化があって、すでに妊娠前の体重に戻ったし、尿もれがなかった。きっと前回からのベースができていたんだと思った。」

 

5年後も笑っていたい。無理して笑うことではなく。そういう自分でいたい。」

 

「外に出て、動いて楽しかった。復職のこと、家庭のこと、悩むことはみんな同じようなことで、なんだか安心しました。」

 

「〇〇ちゃんママって呼ばれてばっかりだったので・・・。ここにきて自分の名前で呼ばれて。自分の生活を楽しんでいきたいと思えるようになった。

 

 

この教室は「産後の私」と向き合う場所なんです。

母になったけど、その土台でもあり軸でもある「私」を再確認して、母親はこうあるべきという先入観や思い込みを取っ払い、「私はどうしていきたいか」をシンプルに考える場所です。

体と向き合って、心と向き合って、仲間の話を聞き、自分のことも話して・・・・の繰り返し。

 

 

とことん自分と向き合う。

なぜ、わざわざこの教室でそんなことをするのかというと、

自宅ではやることたくさん(例えば、赤ちゃんの授乳や寝かしつけ、家事など)

気になることもたくさん(夫の帰宅時間とか、夕食何作るとか、暇があると食べちゃってなど)

なかなか、自分のことを考えるのってめんどくさいし、そんな時間があったら休みたい。

なので、あえて教室という場で時間を取るのです。

 

「子どもが生まれてから、これまでの人生や今の自分を深く考えるようになった。」

 

そんな言葉をシェアしてくださった方も。

本当にその通りで、私はお恥ずかしながら次男の産まで・・・人生とか生きるとか、自分自身について深く考えることがなくて。

もちろん、生きていく以上悩むこと苦しいこと大変だったことはたくさんありました。

けど、自分について、生きることについて、自分の人生について、ここまで向き合ったことはないなと思ったのは、次男の産後でした。

 

自分と向き合うことで、子育てや家事、仕事のバランスを取るだけじゃなく、自分時間も入れてバランスを取れるようになる。

 

そして、そんな話ができる人がいる、仲間がいるって素敵じゃないですか?

 

 

最終回のレッスン終了後に、

「着替えてくるね。」

「あ、じゃあ(赤ちゃん)見ているから行ってきてー。」

「ランチどこにいく?」

「行ける人手を上げて!」

「私、今日は行けないけど、改めて行こう。」

「んじゃLINE交換しよう。」

「その帽子かわいいね!」

「オシャレは我慢だよ。」

「階段、気をつけてね。」

なんて会話が、あちこちで交差していて眩しい。

ポンポンと言葉が出てきて、コロコロと会話が弾んで、そこに笑顔があって笑って「じゃあまた!」と各々の道を歩いていく。

そして時々交差する。

教室が終わっても、この眩しい繋がりはこれからも続くと思うと込み上げてくるものがある。

私はといえば、さてこのバトンを次の教室にどう繋げていくかな?そんな気持ちでもあります。

 

【受付中のレッスン】

■産後のカラダとココロをケアする「産後ケア教室」11月コース

・長岡教室 残席4名さま

・新潟桜木教室 残席5名さま

■産後のボディケアの入門編「赤ちゃんとできる!産後はじめてのカラダケア講座」

長岡市、新潟市、上越市の3箇所で開催!

New!
■産後ケアのその先のカラダづくり「見た目にこだわるカラダづくりオンラインレッスン」

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket