出航!新しいステージへ

出航!新しいステージへ

チャレンジ!

そんな言葉がぴったりな週末を過ごしました。

2つの学びが重なり、そしてどちらも「新しいステージ」「未来」を感じさせる時間。

インプットとアウトプットの連続で、帰宅して夕食を食べたらいつの間にか寝てしまうほど、頭も体も心も使った濃厚な時間でした。

 

まずはその一つ。

今、「起業」を学ぶために、ステージシフト起業塾を受講しています。

土曜日はその起業塾の対面講義の初日でした。

場所はなんと横浜みなとみらいランドマークタワー!

わたしが20年ほど前に住んでいた横浜。

そして、働いていた場所みなとみらい。

その新しいスタートを切った場所でもあり、懐かしい。

大好きな横浜で、また新たなステージに立てたことに運命的な何かを感じずにはいられず。

 

個人事業主としてスタートして7年目。

マドレボニータの産後セルフケアインストラクターとして東京都中野で仕事をはじめ、2年も経たないうちに夫の転勤に伴い長岡へ。

その間に子どもたちも成長し、産後ケアの世界は少しずつ変化し、わたしのライフスタイルも変化してきて、仕事の幅も量も変わりつつある。

半年くらい前に、産後ケアを広めることも、教室展開も、わたしの生き方も全部ひっくるめて、そろそろシフトチェンジして次のステージへステップアップしたい、そんなタイミングで中山裕子さんの存在を知りました。

その後、継続セッションを受けて、新しい知識と意識を取り入れ、一つずつ実行してみました。

 

「自分が持っているものを引っ張り出し、生かす」

とにかくこの部分に徹底していたと思います。
新しい知識とは、新しいスキルではなく、今ある自分とじっくり向き合い、自分の持っている力を引っ張り出すことでした。

これがもう、楽しい。

産後ケア教室を今一度見直し、わたしの持っている力を再び注ぐ。

すると、集客に苦戦したいた2つの産後ケア教室が次々と満席になり、9月開催では長岡、新潟桜木教室が同時に満席になるという初めての快挙。

週明けの月曜日の今日は、新潟桜木教室の最終回だったのですが、受講者のみなさんと自分のこと、体のこと、産後のこと、仕事のこと、ランチのことなんかをいっぱい話しました。

そして最後にそれぞれ連絡先を交換して笑顔で終えることができて、こんなにたくさんの産後のみなさんと笑いながらやり取りできたことに、改めて感謝の気持ちが湧いてきました。

 

わたしの力をここに還元すること、教室を充実させることは
産後の女性の笑顔を増やすことにつながるんだ。

 

この半年間も新しいチャレンジと悩みの連続だったけど、安定して事業を進めていきたい、そんな気持ちを強く持つようになり、第2期のステージシフト起業塾にほぼ迷うことなく入塾を決めました。

 

裕子さんとアシスタントの皆様、そして新しい仲間との出会いに感謝して。

 

さあ出発!

 

そしてこの足で、マドレボニータ合宿2018へ向かうのでした。

その話はまた、次回。

 

【受付中のレッスン】

■産後のカラダとココロをケアする「産後ケア教室」11月コース

・長岡教室 残席5名さま

・新潟桜木教室 残席5名さま

■産後のボディケアの入門編「赤ちゃんとできる!産後はじめてのカラダケア講座」

長岡市、新潟市、上越市の3箇所で開催!

New!
■産後ケアのその先のカラダづくり「見た目にこだわるカラダづくりオンラインレッスン」

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket