産後のお腹を平らにするのは日々の積み重ね

産後のお腹を平らにするのは日々の積み重ね

今週は赤ちゃんと楽しめる!産後はじめてのカラダケア講座と見た目にこだわるカラダづくりのパーソナルレッスンがありました。

(産後ケア教室は今月はお休みなのです。)

 

産後はじめてのカラダケア講座は、産後2ヶ月の方がお一人だったので、結果的にパーソナルレッスンとなり、その方に合わせて進むことになりました。

そして、今やっている見た目にこだわるカラダづくりはZOOMを使ったモニターレッスンで、こちらもマンツーマンです。

(ちなみに、zoomですが、わかりやすいと好評をいただいております。単発でお申し込みの方が1回受講後、そのまま継続という方がほとんどなんですよ。zoomレッスンは新たに9月より、募集開始いたしますのでしばらくお待ちくださいませ。)

 

 

「赤ちゃんと楽しめる!産後はじめてのカラダケア講座」と「見た目にこだわるカラダづくり」の対象は違いますしアプローチも違います。

ですが、ベースは一緒です。
最終的に伝えることは同じところ。

その時の体の状態に合わせて、取り組み方を変えています。

もっと言ってしまうと、受けてくださる方によっても変わります。

今一番どうにかしたいところの優先順位も違います。

 

いつも大切にしていることは、

最終的に、自宅でも簡単に無理なく続けられることを伝えること。

 

なぜなら、産後の体ケアも、カラダづくりも1回2回ではそんなに大きな変化は起きません。

数分数回で変わったとしても、すぐに戻ります。

変わったことが嘘なんじゃなくて、何年も積み重ねてきた体の癖はすぐには取れないので、繰り返し繰り返しメンテナンスしていく必要があるわけで・・・(それでも時間がかかります)。

なので、レッスンの1回でどうにかするよりも、自宅でいかにコツコツと日々の積み重ねを続けられるかが鍵。

 

変化が見られる人は、レッスンの時間だけでなくそれ以外の時間にちょっとずつコツコツと取り組む人です。

1日じゃ大きな変化は見られない。

1週間でもわかりにくいことあります。

しかも体調を崩したり、疲れが溜まっているとサボりがちだったり。

でも、そこでやめたら、変わらない。

コツコツとできることを続ける。

 

と、ある時、あれ?あれれれ?前と違う!

ということが起きる。

 

レッスンでは、お腹を平らにするための骨盤の起こし方や、骨盤を締めるための筋肉の使い方、体を心地よくするエクササイズなど本当に簡単なことしかやりません。

あとは、毎日歯を磨くのと同じようにやるだけ。

 

「先生ー、なんか前と体が違うんです」

「お腹が凹んできたんです」

「体力がついてきたんです」

 

そんな声をいただくのは3週間から1ヶ月経つ頃。

何よりもご本人が嬉しそうに話してくださるのが、私も嬉しいのです。

 

その後の変化報告を聞きながら、日々の積み重ねの結果は、体の変化だけでなく気持ちや生活の変化につながっていくなと思うのです。

【受付中】8・9月の産後ケア教室
●長岡教室
9月コース 9/12, 19, 26, 10/3 (水)10:00~12:00   残席2

●新潟桜木教室
8-9月コース 8/20, 27, 9/3, 10 (月)10:00~12:00  満席→増席→残席1→満席

 

【受付中】赤ちゃんと楽しめる!産後はじめてのカラダケア講座
●新潟桜木講座 8月6日(月)10:00~11:00
●長岡講座 8月21日(火)10:00~11:00

見た目んこだわるカラダづくりは現在調整中です。
しばらくお待ちください。

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket