産後にする大人の話、私の話。

産後にする大人の話、私の話。

今年の新潟県女性財団様の「にいがたひとひとフェステバル2018」

「産後バランスボールと心を整えるワークショップ」が無事に終了しました。

 

内容は、バランスボールエクササイズとワーク&シェアリング。

 

ご参加くださった方が「子育て」や「親になること」の支援や講座はあれど、「自分自身のことについて」振り返ったり考えたりする場所はなかなかないから、こうして自分のことを振り返って、話せる機会があってよかったとおっしゃっていました。

以前から参加してみたくて、ようやく参加することができたともおっしゃってくださいました。

 

親という役割は「私の一部分」であって、それが全てではない。

でも、これまで経験したことがない「子育て」を目の前にすると、やはり「親」という部分に比重がかかる。

ただ、親の前に、その軸となる「私」がちゃんと存在しているわけです。

その部分を、放って置いたり、我慢させっぱなしにすると、どんどんモヤモヤモヤモヤしてきます。

 

出産後の、私の変化に目を向けると変わったことがたっくさんあって。

体。
ちょっと立ち上がって移動するのも一苦労で、以前ならヒョイっとできていたことができなくてもどかしい。
体型も変わっているし。

出産して子どもが生まれたことによって、大きく変わる価値観。

時間の使い方。
自分が好きな時に好きなことはできない。
休みたくても休めないこと。

寝ている隙に、お茶を飲もうと思って入れた瞬間に鳴き声が聞こえたり。

仕事。
子育てしながら、働けるかな?
時短は使える??

夫婦関係。
2人だけの時とは、違うしやることも増えるし。

生活スタイル。
寝る時間も起きる時間も子ども中心に。

 

と同時に、さて、親になった私はどうする??と考えてみるものの、今すぐ動ける訳でもなくて。

なので、すぐに答えは出なくても、子どもに手はかかるけれど、私を置き去りにせずに考えて行動していきたいのです。

 

印象的だったのが、

「あれもこれも、子どものためと思いながら物事を選択すると、自分で自分のことを決められなくなる」

という言葉。

おお、わかります、心当たりありすぎて。

なので、どんな小さなことでもいいから「私」を主語に考えたり、言葉を発することはものすごく大事です。

などという話をし始めると、あっという間に時間は過ぎて終わりの時間となりました。

 

こういう機会をもっと作って欲しいという声もいただきました。

そうですね!他にも話したい人、いるかな??

来年も、開催できるよう頑張ります。

 

■産後の体をしっかりケアする産後ケア4回コース「産後ケア教室」
長岡教室7月コース 残席2名さま
新潟桜木教室7月コース 残席2名さま

■産後の運動は初めての方は、体ケアの基礎編「赤ちゃんと楽しめる!産後初めてのカラダケア講座」

見た目にこだわるカラダづくり単発レッスンも受付中!

■見た目にこだわるカラダづくり出張レッスンはこちらから

 

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket