今、この時間を大切にしている

今、この時間を大切にしている

長岡教室の5月コースは2週目を迎えました。

2週目の冒頭に、前回からの「私の変化」をお聞きするのですが、みなさんいろんな変化に気づかれたようで、たくさんシェアしてくださいました。

 

「姿勢が悪いわ、肩が内巻きになってるわで、いかに姿勢が悪いか!でも、姿勢を気をつけるようになって、肩の位置をきにするようになったら、肩が痛いな〜って思うことが減ったような・・・」

「姿勢に気をつけていたつもりだったけど、骨盤が反っていたんだなって。レッスンでやった、肩をゆっくり回すのをやるようにしたら、偏頭痛がなくなった」

「子どもと一緒に自分を楽しむ時間が欲しくて」

「動けるようになって!今までは上の子たちが、“外で遊ぼうー”って言っても、疲れてて無理!って思うことがあったけど、一緒に遊べるくらい。活性化した感じがあって」

「もっと動きたいって思って、夫を連れ出してヨガのレッスンに行ってきた。はじめて一時保育を利用して、こんな感じかって。気持ちの面では、仕事については、モヤモヤしている自分がいました」

「バランスボールを買いました!自分で使うつもりが、子どもたちが使ってて!長男が“バランスボールに座ると姿勢がよくなるんだよ!って”。1人一個ずつ買おうか迷ってます・・・」

こういう変化を、自分で感じて、気づいて、喜べるって、すごく豊かだなって思います。

実感するって、誰かに与えられるものではなく、自分で感じて、心が動くことだと思うんです。

 

だから、どんなことだって「昨日の自分とは違う」「新しい発見」は、どんなことでも宝物です。

その、実感や豊かさや宝物は、きっとずっと心に残るものだと思います。

 

もしかしたら、他の人から見たら小さい子とかもしれないです。

そんなの、私だってって思うことかもしれないです。

 

でも、そこから1mmでも一瞬でも進んだ時に、見えるもの感じるものは、心が震えて何物にも代え難い気持ちになれるんです。

豊かなことって、そういうことなのかなと思います。

前回のレッスンから今日まで、みんなそれぞれの毎日を過ごして、それぞれが違う視点で違う環境だったはずなのに、何かしら発見があり得るものがあったって、すごいことだなって思うんです。

それはきっと、今、この時間を大事にしているってことなんだなと思いました。

なぜそう思ったかというと、今日のみなさんの表情や、発する言葉、姿勢が「今、この時間を大切にしている」を表していたからです。

そしてまた、私もそれに引っ張られるようにして、レッスンの時間にぎゅっと引き寄せられました。

 

 

産後ケアからその先のカラダづくりまで!

産後2〜6ヶ月の方で赤ちゃんとのお出かけや、運動に不安があるという方は
赤ちゃんと楽しめる!産後はじめてのカラダケア単発レッスン

産後の体も心も再構築したい方は
■産後のカラダケアとココロケアの基礎編 産後ケア教室

個別でじっくり取り組みたい方や、赤ちゃんが210日を超えた方は、
■じっくり個別レッスン!
産後のカラダケア訪問パーソナルレッスンについてはこちらから

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket