連休、そして、産後ケア。

連休、そして、産後ケア。

ゴールデンウィークはいかがでしたか??

私は、3〜5日はキャンプに行ってきました!

その前は、家族で初いちご狩りへ

手前の下半身は夫です・・・

家族全員「一年分のイチゴを食べた」と意見は一致。

でも来年も来たいねーって。

このあと、三条ラーメンを食べて来ました。

 

さて、連休明けの今日は産後ケア新潟桜木教室の5月コースのスタート!!

産後2〜3ヶ月の母とともに、生後2〜3ヶ月の赤ちゃんたちが教室にご参加中!

そのうち1組は双子ちゃんです。

 

最近は、産後2〜3ヶ月の方のご参加か増えていて、産後ケアに関心がある方が本当に増えているなと感じます。

 

特に、2人目、3人目をご出産の方。

出産でハイリスクだった方。

産後の体調が思わしくない方。

そういった方のご参加が増えています。

 

新潟の産後ケア事情も、少しずつ変わって来ているのかなと感じています。

産後ケアが贅沢なことではなく、当たり前になりますように。

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket