産後ケア教室を少人数にする大切な理由。

産後ケア教室を少人数にする大切な理由。

昨日まで、毛先を数センチ切って、トリートメントするくらいでいいかなって思っていたのですが、

思い立って、切りました。

 

 

現在募集中の産後ケア教室5月コースですが、長岡教室は残席2名さま、新潟桜木教室は残席5名さまとなっています。

産後ケア教室5月コースの詳細はこちらです。

 

実は、本年度の5月コースより産後ケア教室のお席を限定させていただいています。

これまでは、8〜10名を定員としていました。

ですが、これまでの経験で私自身が一人一人としっかり向き合いたい、より効果を感じていただきたいという思いから、お席を限定させていただくことにしました。

 

 

ずっと、お席を限定することに躊躇していたんです。
少人数になったら、仲間づくりに影響があるかもしれない、そう思っていたからです。

産後に新たな友達、仲間と出会うことはもはや必須!と確信しています。

なので、人数を絞ることでそれが妨げられるのでは?と懸念していましたが、これまでの受講生の様子を見ていると、2〜3人でも、10人でも、20人でも差がないと感じました。

 

数ではなく、どこまで目の前の人とコミットできるか?

 

 

これは、私自身も、受講生も同じことが言えるのです。
多ければいいっていうもんでもない。
同様に、少なければいいっていうものでもない。

 

どちらにしても、その人に向ける意識はより集中的になれるという確信は大切にしたいのです。

それが、私にとっては少人数でというだけです。

6人でも仲間づくりは全然できるし!
逆にランチのお席とか取りやすいし!

ということで、5月コースより、産後ケア教室は定員6名と限定させていただきます。
定員が変わっても、その他は何も変わりませんよ^^

受講生が実りある場所を提供することにもっとフォーカスしていきたいのです。

 

■「見た目にこだわるカラダづくり」3ヶ月集中レッスン

4月4日スタート!

残席3名さま

■産後のカラダケアとココロケアの基礎編 5月コース受付中!!

長岡教室:残席2名さま
新潟桜木教室:残席5名さま

■赤ちゃんと楽しめる!産後はじめてのカラダケア講座

長岡講座:満席
新潟桜木講座:お席に余裕があります

■じっくり個別レッスン!
産後のカラダケア訪問パーソナルレッスンについてはこちらから

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket