【満席】4/19(木)長岡の産後ケアハウス「ねんねこ」産後ケア講座はとなりました。

【満席】4/19(木)長岡の産後ケアハウス「ねんねこ」産後ケア講座はとなりました。

こんにちは!内山麻理子です。
今日は小学校が卒業式、明日から春休みです。

今日は、午前で学校が終わり給食がないので家でお昼ご飯なのですが、子どもたち、私よりも早く帰ってくるのに家の鍵を忘れて学校に行っちゃって・・・ということに出がけに気がついて。

なんとかして家に入れるように手配しましたけど、家に帰って、子どもたちの顔を見るまではやっぱり心配でしたよ。

そんなこともあって、毎日バタバタしているなと思っていましたが、よく考えたら子どもが生まれてから、忙しくないと思ったことなんてない!ですね。

 

 

さて、4/19(木)長岡の「赤ちゃんと楽しめる!産後初めてのカラダケア講座」が満席となりました。

ありがとうございます。

お申し込みのメッセージでも、楽しみにしてくださっているのが伝わってきます。

とても嬉しいです!

 

産後の体って自分でもよくわからない・・・ってところがたくさんあると思います。

産めば、妊娠前の体に自然に戻るわけではないのです。

明らかに、妊娠前とは違う状態になります。

わからない・・・から不安なんです。

まずは、今の状態を知って、必要なケアから取り組んでいく、その積み重ねが産後の体を作っていくのです。

 

4/9(月)の新潟のレッスンはお席に余裕がございます。
新潟市近辺の方はぜひこちらにご参加くださいませ。

 

長岡の次回の講座は5月を予定しています。

 

****

赤ちゃんと楽しめる!産後はじめてのカラダケアケア講座は、産後の体について説明しながら、お腹、骨盤ケアに取り組みます。

骨盤を締めたいなら、無視できないのが筋肉と靭帯の関係。

ご存知ですか?

骨盤って筋肉がたくさんくっついています。

骨盤を締めて支えているのは筋肉で、その筋肉と骨をつないでいるのが靭帯。

その関係を知って、骨盤を締めるのと、知らずに締めるのでは大きく違ってきます。

骨盤を支えて締めるのは、筋肉です。

そして、出産前後は骨盤と筋肉をつないでいる靭帯も柔らかくなっています。

そして出産後の1ヶ月間は、さらに筋力が低下します。

筋力が弱く、靭帯が柔らかくなっている状態なので骨盤がグラグラしたような感じになるんです。

 

ということを踏まえて、産後にできるカラダケアをこの講座では取り組みます。

産後のカラダづくりの第一歩として、ぜひご参加ください。

 

 

≪赤ちゃんと楽しめる!産後はじめてのカラダケア講座≫

●長岡   4月19日(木)

場所 : 産後ケアハウスねんねこ (長岡市内・駐車場有)
定員  :   6組 満席になりました。

●新潟 4月9日(月)

場所 :  スタジオマカマエ(新潟市新潟市中央区神道寺南2-6-2、駐車場有)
定員  :   6組

【内容】

バランスボールを使ってカラダチェック!

体型や姿勢のケアの方法

お腹を平らにするセルフケア

骨盤を締めるセルフケア

【対象】

産後1カ月以上~産後5ヶ月までの母と赤ちゃん

(1ヶ月健診をおえて、回復が順調な方からご参加ください。)

生後210日以内の赤ちゃんと一緒に参加することができます。
長岡4/19 は2017年9月21日以降に生まれた赤ちゃん
新潟4/9は2017年9月11日以降に生まれた赤ちゃん

 

【受講料】

2500円

【服装】

動きやすい服装(スカートはご遠慮ください)

【お申し込み】

赤ちゃんと楽しめる!産後はじめてのカラダケア講座お申込みフォーム

 

 

■見た目にこだわるカラダづくり@長岡はこちらから
3/21(水・祝)終了しました
3/28(水)残1名さま

■じっくり個別レッスン!
産後のカラダケア訪問パーソナルレッスンについてはこちらから

■産後のカラダケアとココロケアの基礎編 5月コース受付中!!

■お悩み、お問い合わせはこちらから

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket