誰かの投稿に心がざわつく時は。

誰かの投稿に心がざわつく時は。

疲れていると、ネガティブになりやすいですね。
ちょっとしたことでもグサグサ刺さったり、ぐらぐら揺らいだりします。
こういう時なんかSNSとか見ると、ダメですね。
ちょっとでも気になる記事や投稿にざわつくので。

SNSで心がざわつく時は、だいたい疲れている。

寝不足、体調が悪い、心が疲れているなどなど。

 

そういう時は、休むにかぎる。

 

ほんの数分でもいいので、画面を消して、体と心の状態を確認して、休む。

 

ざわついた時は絶対に「疲れている」というわけではないんです。

ただ、体も心も疲れている時は、人のポジティブな投稿を見てもネガティブな投稿を見てもざわつくし、なんなら広告投稿が流れてきて、それが何かに触れて「チッ」とかなって。

これは、もう「休め」なんです。

SNSに限った話じゃなくて、やたらとざわつく時ってのは心身ともに健康ではない状態だと私は思います。

 

以前は、そんな自分はなんて嫌なやつで、ダメなんだろうって思っていたんですけど、

調子いい時は、誰のどんな投稿でもいいね!いいね!超いいね!って素直に思っている自分がいてですね。

あれ?何コレ?

って思って、その後ざわつく時のデータを集めたら(笑)、だいたい疲れてるんですね。

 

そうそう、家族と余裕を持って接することができない時は疲れている時っていうのと同じなんだな〜って気づいたんです。

 

SNSなんか眺めていないで「さっさと休め」のサインだということに気がついてからは、SNSでざわつくことがなくなった。

てか、SNSを眺めている時間が減ったかな。

そのぶん、自分を休める時間が増えた。

 

 

自分の疲労に気がつかない時って、あると思うんです。

体の疲労も、心の疲労も。

(子どもたちの小さい時の写真で癒される・・・今も可愛いけど!)

 

レッスンでストレッチしたり肩こりのセルフケアをお伝えしてるんですが、ケアをしてはじめて「こんなところが凝っているんだ」と気づくことがあります。
肩や背中だけじゃなくて、体側や胸だったり。

 

自分の体なのに、凝っていることに気がつかないってことあるんです。

 

それは心にしても同じで、疲れているけど気がつかない、何かが引っかかるけど気がつかないふりをする。

 

そういう時に出てくるのが、痛みであったりざわつきやイライラ、モヤモヤというサインなんだなと。

 

ってことで、SNSでざわついてしまったら、自分を情けなく思ったり、相手に嫌悪感を抱くことに落ち込むよりも、「あー、私、疲れているのね、余裕ないのね。こんな時は休みましょう。」

と、画面を消して1人でリラックスできることをいたしましょ。

 

■産後のカラダケア訪問パーソナルレッスンについてはこちらから

■産後ケア教室4回コース!「産後の体と心をしっかりケア!仲間ができる!」5月コース受付中

■ママのためのバランスボールレッスン  残席2

 

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket