産後、体を整えるその先にあるもの

産後、体を整えるその先にあるもの

気持ちがいい!

清々しいっってこういう笑顔なんだろうな。

と、この写真を眺めながら、涙が出てきました。

今日は、新潟桜木教室1月コースの最終回でした。

ん?1月コース?

 

そうです、2度も大雪の影響で延期になったので今日やっと卒業です。
2月も終わろうとしているのに、ね。

この間、平昌オリンピックが始まって、昨日終わりましたww

 

2週間ぶりのレッスンはで、聞こえてきた声。

「ここにきている間は、そんなにわからなかったけど、レッスンがない2週間の間、体が動かなくて。教室がなかった時の方の変化がわかりやすかった。」

そうです!体を動かす快適さを知ったら、動かないことのだるさ、重さがずっしりとくるんです。

ストイックに運動をする必要はないけれど、定期的な運動は快適な状態を生み出します。
血行が良いし、体が軽いんですよね。

 

そして、この1ヶ月間の変化。

仕事のことを考えるのが嫌で仕方がなかったけど、今は前向きに考えられるようになった。

自分を見つめ直すことができた。

ずっと引きこもっていたけど、4週を通しての交流があり、広がった。

4週あるのが良い。単発では味わえない良さがある。

自分の人生を切り開いていきたい。

 

その気持ちが、この笑顔なんです。

次の目標に向かう人、こうなりたい将来を見つめた人。

産後の心身をケアすることは、ただ楽になりたいで終わるわけじゃなく、その先にあるものまで視野を広げ、切り開く力になるんです。

 

今月も双子ちゃん母子が3人のサポーターさんとともに、ご参加くださいました。

「うちの子」と呼ぶほどに可愛がってもらったりして。

そこにいる全員が赤ちゃん全員を見守る姿がなんとも良い雰囲気でした。

 

来週から始まる3月コースに連続受講される方もいて、また、楽しみです。

 

 

■産後の心と体をしっかりケアする「産後ケア教室」3月コース受付中!

■ママのためのバランスボールレッスン

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket