ずっと同じところで足踏みしているより、先に進むには。

ずっと同じところで足踏みしているより、先に進むには。

今の状態から抜け出したいけど、なかなか一歩が踏み出せない。

抜け出したい、でもちょっと怖い。

そんな時は、1人で悶々と考えているよりも、

ちょっと先ゆく先輩に相談する。

こうなりたいと思う人の言葉を聞く。

成功している人に聞く。

 

これは、前進している人たちが口を揃えて言っていることですよね。

私も本当にそうだと思います。

必要だと思えば、コーチングやコンサルといった信頼できる専門家に相談しています。

または、ちょっと先ゆく先輩や、違う業界の人の意見を聞いたりもします。

自分と違う視野を持った人の意見、違う世代の人の意見からもヒントをいただいたり、参考にします。

 

メンタル面だけでなく、フィジカル面でも同じです。

メイクのテクニックや、体のケアも今のところから一歩抜け出したい時は、プロの力を借ります。

そして、誰かになんとかしてもらうのではなく、その後自分でもできるようにスキルを身に付けるところまで、持って行きたいと思っています。

またしても、眉毛を変えました。

この眉毛も、阿部夢子さんの眉毛のメイクレッスンで教えていただいたんです。
夢子さんのレッスンは、自分で書けるようになるために構成されています。

思い通りの眉毛を描くには毎日コツコツと練習が必要。

最終的には根性!っておっしゃってて、共感します。
毎日、眉毛を描く時はもう真剣ですよ!
自分で自由に好きな眉毛を、どんな時でも書けるようにならないとね。
そうじゃないと、誰かに何かをしてもらうだけでは楽だけれど、何も変わらないですから。

 

今、中山裕子さんの継続セッションをお願いしているのですが、裕子さんからも受け身ではなく「自分でなんとかする」姿勢、コツコツと積み重ねていくことを教えていただいています。

一見、華やかに見えても、こうして地道に積み重ねていくことは、実はものすごく地味で、時には苦しいんです。

でも、積み重ねは確実に自分のものになる。

 

私の産後ケア教室も受け身ではなく、自分でなんとかするスキルを身につけていくんです。
だって、教室に来ている時間よりも、教室にいない時間の方が断然長いですからね。

 

 

 

今、産後ケア教室をやっていて、もっと産後女性のニーズに応えるには、もっと力になるためには、そのためには今何ができるのかと1人で悶々と考えてみても、本当にこれでいいのか?私にできるのか?受け入れられないんじゃないかと、不安でいっぱいになって足がすくみます。

そして堂々巡りです。

でも、結局それじゃいつまでたっても、同じところで足踏みをしているだけで、エネルギーを消耗するだけで、先に進みません。

進んでしまえと思うこともあるけれど、進んだ方向が間違っていたら?失敗だったら?と思うと、やっぱりその場に踏み止まります。

 

でも、ずっと同じところで足踏みをしていたくはないのです。

時間は、どんどん過ぎて、歳をとっていきます。

子どもたちは成長していきます。

社会は変化します。

何日も何週間も何ヶ月も何年も同じところにい続けることは、私はしたくないのです。

 

歳とともに、衰えるのではなく、成長したいのです。

現状維持も嫌なのです。

 

産後ケア教室も、もっと良くしていきたい。

もっと産後の女性の力になりたい。

出産した女性が、産後を本当に楽しめるようにしたい。

 

仕事だけじゃないです。

家族と楽しい毎日を送りたい。

旅行もいきたいし、歳をとっても綺麗でいたいし、やりたいことはたくさんある!

 

そのためには、現状維持ではダメだなと。

それには、自分1人の中で悶々としているよりも、誰かの知恵や経験を借りること。

 

そして、一番大事なのは、いいな、面白そうだなと心が動いたことは思ったことはやってみる。

疑わずに、素直にやってみる。

よくわからないけどやってみる。

 

やってみて、違うな〜ってこともあるけど、「できるかな、どうかな」と足踏みしていたところから、「違う」がわかっただけでも、迷いの選択肢は減るのでスッキリする。

 

「そのやってみる」が、一歩踏み出したことになっていると思っています。

 

■産後の心と体をしっかりケアする「産後ケア教室」3月コース受付中!

■ママのためのバランスボールレッスン

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket