産後に脂肪燃焼させやすい体を作るには

産後に脂肪燃焼させやすい体を作るには

産後に、無理なく脂肪燃焼させやすい体を作るには、基礎代謝を上げること。

妊娠〜出産後の10ヶ月間の間に、基礎代謝も下がります。体力も落ちます。しかも妊娠すると脂肪がつくやすくなります。

さらに、産後の産褥期の1ヶ月間はほとんど動きませんのでさらに脂肪燃焼しにくいからになるのです。

 

なので、産後はダイエットをしても痩せにくいのです。

そもそも、出産後の体力がない状態、授乳中の体で無理ないダイエットは危険なのです。

 

では、どうすればいいのか?

 

それは、基礎代謝を上げることです。

基礎代謝を上げるには筋力アップ、脂肪燃焼させるには有酸素運動。

この二つを組み合わせることでより効果を上げることができるのです。

と言うことがわかっていても、なかなか思うように動けないのが産後ですよね。

そして、このふたつを同時にできるのが、バランスボールエクササイズなんです。

 

けど!どうすれば脂肪が燃焼すればいいのかだけを知っているだけでは、何も変化は起きません。

わかっているけど、運動とかめんどくさい・・・。

運動しなくちゃ、と思う時が重い。

だって、運動が目的ではないから、無理もないんです。

本当の目的は、運動ですか?

体重を落とすことですか?

 

きっと、もっとその先なんじゃないかなと思うんです。

 

例えば、妊娠前のパンツが履きたい。

着たい服がある。

痩せて、〇〇したい!

と言う、本当の希望です。

 

それを、頭の中だけでイメージするのもいいのですが、もっとオススメしたいのはなりたいイメージを具体化すること。

 

例えば、こんな脚になりたいとか

こんな体幹部とか

もしくはこんなイメージとか

 

無理かもしれないけど・・・でもなりたい!というイメージでもいいんですよ。
これ見ると、アガる!って言うのがオススメです。
着たい服の写真とか、目指しているモデルなんかもいいですよね。

 

私も、それは嘘だよねと思っていた時は、モチベーションも上がらず結果も出ませんでしたが、なりたい体のイメージや、着たい服を具体的にイメージして、時々見るようになったら、ググッと理想に近づきましたよ〜。

ってここは、心の部分ですけどね。

 

でも、心も体も心地よくしたい私としては、体だけとか心だけとかでは納得しません。

両方とも充しながら、なりたい自分を作っていくことをしたいのです。
つまり脂肪燃焼だけでは満足しませんよ。

 

どうすれば脂肪燃焼するのかが理解できて、なりたいイメージを具体的にできたらもう準備はOK。

あとは、イメージと行動を擦り合わせるだけなのです。

 

■産後の心と体をしっかりケアする「産後ケア教室」3月コース受付中!

■産後のカラダケアが初めての方は単発レッスンから

■大人気!とにかく動きたい!ママのためのバランスボールレッスン

■バランスボール体験レッスン超初級編!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket