産後、どんなふうに痩せたいの?

産後、どんなふうに痩せたいの?

産後の私をここちよく。
長岡の産後セルフケアインストラクター内山麻理子です。

 

痩せると一口に言ってもいろんな表現がありますよね。

体重を減らす。

脂肪を減らす。

体を引き締める。

スタイル良くする。

メリハリをつける。

「痩せる」を手元にある辞書を引いてみたら、「体の肉づきが悪く、細くなる。」(岩波国語辞典より引用)とありました。

 

痩せたいと思った時に、皆さんはどんなふうになりたいか具体的に、想像していますか?

体重を落としたいのか、体を引き締めたいのか、脂肪を落としたいのか、部分的に痩せたいのか、メリハリのあるボディとはどんな体なのか。スタイル良くってどういうことなのか?身長を高くするとか脚を長くするとか???

前回、体型を整えたいなら体重よりも筋肉と体の使い方とお伝えしましたが、一つだけ付け足したいと思います。私は体重に一喜一憂したくなかったので、荒技ですが体重計を捨てました。だからと言って、体重計を捨てることをオススメしているわけではありません!!

あの時、メルカリとかなかったし、ものすごい安い体重計だったし、確か・・・引越しのタイミングでもあったような。今思えば、捨てずにとっておけばよかったと思っています。そして、メルカリへ・・・。

 

私の場合、体型を変えることだったので、体重を落とすことよりも姿勢を気にして体が綺麗に見える筋肉を強化すること選択したのです。体重を落とすことを選択するなら、他の方法を選択します。

脂肪を減らすことを目的とするならば、また別の方法を選択します。(ちなみに、体重よりも脂肪を減らすことは食べ物で改善させました。その結果、体重は落ちましたがそれと体型や姿勢は別の話なのでここでは触れませんですね。それでも聞きたい方は、雑談としてお話ししましょう(^_-)会いに来てね❤️)

あと、健康面で体重も気にしなくてはならない場合は、ちゃんと意識しますよ。無視しているわけでもなんでもないです。体重ばっかり気にするってことをやめたのです。

 

巷にダイエット方法はたくさんあふれていて、何が正しくて何が手っ取り早くて確実なのか…。ブームになっても、後から実は意味がない!みたいなことってあるじゃないですか。

人によってはストイックな方法が合う人もいれば、〇〇しながらの方がいい人もいますよね。

そんな中で私は、まずどんなふうに痩せたいか優先順位を絞ることと、具体的にどうなりたいかを決めるのが大事だと思うんです。そうすれば効果的な方法が見えてくると思うんですよね。

なんとなく痩せるではなく、体重を落とすのか、メリハリボディを目指すのか、脂肪を落とすのか?骨盤さえ締めればいいのか?全部ひとまとめにすると、何が効果的なのかわかりにくいですし、間違った方法を選択することになるかもしれませんよね。

 

あ、そういえば私、脂肪を落としたいと思ったと同時にバストの行方が心配だったこともありました。その点はどうやって解決したのかというと、解決はしていませんです。垂れないようにセルフケアしているのみでございます。

■赤ちゃんと楽しめる!産後はじめてのカラダケア講座受付中!

■産後の心と体をととのえる産後ケア教室1月コース受付中!

■ママのためのバランスボールレッスン受付中!

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket