産後、体を整えたその後、どうします??

産後、体を整えたその後、どうします??

産前産後の私を心地よく。
長岡の産後セルフケアインストラクター、内山麻理子です。

今日は、ママのためのバランスボーッレッスン@新潟桜木の日でした。

産後でも、産後何年経っていても、運動したいときにサクッと運動できるといいなと思って始めたこのレッスン。

バランスボールの楽しさや、運動する楽しさもあって、運動が気軽にできたらいいのではないかと。せっかく運動することが楽しくなっても、一時で終わるのは勿体無い。ということで、はじめてみました。

私の狙いとしては、実はエクササイズのその先です。体を整えてどうしたい?お腹を引き締めてどうしたい?元気になって、何したい?

そこです。

どうせならそこまで目指したいなって思ったんですね。健康な体にして、その体で何したいかなって考えるところまで行きたいんです。

 

私は「体を整えたい、辛いところから抜け出したい」から始まってその先は「無理だと思っていたことをやってみたい、こうしたいってことを自分の力で実現させたい」そこだったんです。

体重のコントロールから始まって、でも食べるのが好きだから無理は嫌だ、じゃあどうするか?だけに焦点を絞って始めました。

そこで気づいたのが、体重に振り回されないってこと。その時から、体重計に乗らなくなりました。それからの方が体調、体重、体型管理がしやすくなりました。

体重にとらわれなくなったら、次に気になりだしたのが体型。猫背、O脚です。でも両方をどうにかしようと思うより、どっちかに集中しようと決めて、そこで見えたのが、骨盤です。骨盤を起こす筋力をつけました。これが効果覿面でした。猫背も0脚も改善しています。

ここから、40歳でも自分の体を整える、デザインすることの可能性に目覚めてしまって、現在に至ります。

 

 

とはいえ、あくまでも私の場合なので、それがどれだけの人に通じるかはわからないですけど、ちょこっとずつやっていきたいなって思っています。

 

あ、バランスボールエクササイズの前後では、子育てのお悩みあれこれや、年齢と傷の治り具合の速さの話とか、ちょこっとお仕事の話なんかもしまして。こういう話ができるのがほんと楽しいんですよねー。

体を作る場所と、交流の場所。どっちも兼ねそなえる場所を作れるといいのかなと思った日です。

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket