ブログランニングで得た、たった一つのこと。

ブログランニングで得た、たった一つのこと。

産前産後の私をここちよく。
長岡の産後セルフケアインストラクター内山麻理子です。

今日は、私の誕生日です。今年で43歳になりました。夫と子どもたちから、毛布のプレゼントがありました(*´∀`*)すごく気持ちいいやつです。ふわふわもこもこすべすべで、身体中のすべての力を抜き取ってしまうやつです。夜まで待てない。仕方がないので今日は昼寝をしました。ちょっとだけ寝るつもりが、ガッツリ寝てしまいました。

ひさーーーーーしぶりのお昼寝でした。疲れが溜まっていたのでしょう。複雑な夢を見ました。でも、いいんです。今朝、嫌な夢を見て寝起きが憂鬱だったのです。昼寝の後は嫌な夢じゃなくて、それよりも少しいい感じの夢だったので、よしとします。疲れが抜けてきたんだと思います。

 

さて、今日で14日間のブログランニングが終わります。なんとか毎日書き続けることができました。

そもそもなぜブログランニング、“ブロラン”を始めたかというと。毎日ブログを書き続けるため…であったし、発信と集客のためでもあったし、表現力を磨くためでもあったのだけど。その根っこにあるものは、もっと違っていたということに、書き続けて気がつきました。

「自分を信じるため」

 

自分が信じられない。

決めたことをすぐにやめる。

ま、いいか。

自分はこんなもん。

 

そんなことを続けていくうちに、だんだん自分が信じられなくなって。自分を信じられないってことは、人のことも信じられなくなる。

人を信じるって、その人を信じる自分を信じること。

結局、自分を信じられなければ何も信じられないんだな、と。

 

私は、それができていないんだなーと気づいてからは、ちょっとずつだけれど、自分ができることをコツコツと重ねてきた。

どんな小さなことでも、どんなくだらないことでも、自分の心の赴くままに素直に素直にコツコツと。毎日じゃなくても、時々でも、コツコツと。三日坊主でもいいから思い出したらやっていく。

それに結果がついてくると、ゲンキンなもんです。嬉しい&自分やるじゃんという自己満足。いいの自己満足でも。自分が心地いいなら。

まさに、ココロケア!そうセルフケア!!

それが、少しずつ少しずつ自信に繋がって、ブログを書き続けるという、私にとってはハードルの高いことに挑戦する決心がつきました。あは、大げさーー!いいんです、そのくらい盛り上がった方が!!

 

今回のブロランで得たものは、一つの自信。

自分を信じること。

 

たった14日間だけど、でも続いたもんね!!嬉しい!自分への誕生日プレゼントだよー!自分でおめでとうって言っちゃうもんね。

 

そして、おまけでもう一つ得たことがあります。初心の気持ち。今の仕事を始めるときに、ブログをはじめた。ブログを毎日書けなくなったとき、歳のせいとか忙しいとか言っていたけど、そうじゃない。あの時は、産後ど真ん中で授乳もあって今よりも体はきつかった。けど書いていた。

自由に自由に書いていた。それが楽しくて。もう、今後もそれでいいかなと。その気持ちをベースに、初心に帰ってまた書き続けようと思います。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター 1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。 自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket