産後のお腹のたるみは背中から?

産後のお腹のたるみは背中から?

産前産後の心と体を心地よく。
長岡市の産後セルフケアインストラクター、内山麻理子です。

産後のお腹をなんとかしたいなら、お腹と同じように背中も気にしてあげましょう。

産後の体で気になるパーツといえば、お腹や骨盤がトップ争いをしていた産後ケア教室ですが最近メキメキと頭角を表しているのがズバリ「背中」です。

背中がやばいけど、どうしたらいいんですか?

産後、猫背になったんです。

姿勢が悪くなったって言われてしまった・・・。

と言う、見た目から

背中がバキバキに凝っている

背中が痛い

と言う、マイナートラブルまで。

で、なぜお腹のたるみが気になるなら、背中も気にするかと言うと、出産後のお腹のたるみは妊娠で大きくなって皮膚が伸びただけでなく、姿勢も影響しているからです。産後は姿勢が悪い状態、つまり、背中が丸くなりやすいのです。背中を丸めているときは骨盤が後ろに倒れるだけでなく、お腹がぎゅーっと縮まって、ぶよぶよのお腹になります。肩も胸の方に丸まって、胸が垂れやすくなります。胸が垂れればお腹はより一層たるみます。

いつも、こんな感じで授乳や抱っこをしていると、背中が凝りやすくなります。私は、一人目の産後は背中が痛くて痛くて、気持ちが変になりそうだったのをよく覚えています。そして、すっとこういう姿勢でいると肩や背中が凝るだけでなく、背中に脂肪もつきやすくなります。お腹はたるむだけでなく、シワもつきます。さらにはおっぱいも垂れやすくなります。なので、骨盤を締めたけど、体重が減ったけどお腹がそのままということになりかねません。

でも、産後はこんな姿勢になりやすい、動作ばかりです。抱っこ、授乳、オムツ替え・・・。首のすわらない赤ちゃんを支えようとすると、どんどん背中は丸くなります。

さて、そんな時、どうするか??産後はいきなりエクササイズよりも、まずはほぐしたり伸ばしたりするのが簡単だし、想像以上に気持ちいいです。

 

一番おおすすめは「伸び」

え?それだけでいいの?と言う方、ぜひやってみてください。

床でもいいですし、尾てい骨が当たって痛い人は、お布団の上でもいいですね。ゴロンと仰向けになって寝転びます。

そして、まずは脱力。たとえ寝転がっても、意外と無意識に肩に力が入っていたりします。(ここに気づけることも大切!脱力するには、腹式呼吸が効果的です。

 

鼻から息を吸って、お腹に空気を貯めます。胸(肺)に入れると肩に力が入りやすいので、お腹を膨らませるようにします。

次に、口から息を吐き出します。ゆっくり、吸い込んだ息を全部吐き出します。

3回くらい繰り返すと、よりリラックスしてきます。

次に、伸びます。両腕を上にあげて、手と足を引っ張り合うようにぐーんと伸びます。この時、背骨やお腹が伸びているのを意識してみてください。そして、もう一つ、腕の内側と脇の下が伸びていることも意識しましょう。これも気持ちいいんですよ〜。

必要以上に力を入れることもいりません。体が伸びて気持ちいいなーと感じるくらいがいいですよ。

さらに、背中や姿勢をケアしたい方は、骨盤を起こす肩の位置を耳より後ろに引くなどやってみてください。そして、このときのお腹の状態を確認してみてください。背中を丸めている時よりも、たるみがない状態になっていませんか?

そして、骨盤や背中が起きている状態というのは姿勢も綺麗ですよね。常にこの状態はきついと感じるかもしれませんが、思い出した時にシュッと起こしてみてください。その繰り返しが背中美人への道しるべとなります。

エクササイズの前に伸びたり、ほぐしたりして少しでも心地いい状態を探ってみてください。

 

産後の心と体をしっかりケアする「産後ケア教室」11月コース受付中!

超初級編:産後のバランスボール体験レッスン(単発)

産前から知っておきたい産後の体とリアルな毎日:産前産後の母親サロン

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket