産後 8年 経って思うこと。

産後 8年 経って思うこと。

産前産後の心と体を心地よく。
長岡の産後セルフケアインストラクター内山麻理子です。

 

今日は気持ちがいい晴れ。窓を開けて、好きな音楽を聴いて、ブログを書いてみたりして。心地いい風が吹き込んでくる。昼寝したいくらい気持ちいい(笑)

今日、次男は延期になっていた校外学習の日なので、連休明けですがちょっと嬉しそうに登校しました。

そんな今日は、次男の誕生日です。8歳になりました。

(1歳)

最近の次男といえば、夏休みを終えて、グッと大きくなって力強くなったなと感じます。でも、何かが溜まっているようで、最近はご機嫌斜めなことが多かったです。なんでだろうなと思っていたのですが、ある先生との会話をきっかけに、寂しいんだということがわかり、次男との時間を見直すようにしてみました。

「一人で、つまんないんだもん」

家族、みんながそれぞれに忙しくしていて、次男が一人で過ごす時間がつまらないらしい。ゲームだってつまらないからやっちゃうんだって。

先生と話しているうちに、ポロポロと出てきた。私もその場で聴いていた。先生ありがとうございます。きっと私ならここまで聴きだすには、もっと時間がかかったかもしれないです。

次男の言う、一人で過ごすというのは、誰かが家にいないではなく、誰かと関わっていないことなんだと、改めて思った。関わっているつもりでも、次男にとって違うのであれば、それは関われていないってことなんだろうな。なるほど。

ということで、さっそく1日の生活と次男との時間を見直すことにしました。

平日の夜7時〜9時はほとんど次男と二人っきりの時間。料理に興味があるようなので、一緒にご飯を作ったり、宿題をしたり、遊んだりしようと二人で決めた。

不思議なことに、決めたとなると、ちょっとスッキリしたようで、すぐに落ち着くようになりました。ま、宿題をしているときは、荒れますけれど(笑)以前は荒れると私もムキーってなっていたんですが、この一件があってからは、お互いに落ち着いてきた気がするんです。

でも、ムキーってなることがないわけではなくて、もちろん感情的になったり喧嘩もするけれど、和解までがわりとスムーズになったと思います。

きっと、次男は次男で、胸につかえていた気持ちを言葉に出せたことでちょっとスッキリしたんだろうな。出してくれてありがとう。

私は、次男の気持ちが聞けたことで、どうしたらいいのかが見えてきたし、肩の力を抜いて次男と向き合えてるんじゃないかなと思います。もっとショックを受けるかと思ったけれど、ショックよりも気持ちを出してくれた次男に感謝の気持ちでいっぱいでした。

今後どうなるかはわからない。でも、手探りでもなんでも、とっかかりが見えたならやってみるしかないし、次男のSOSをこれ以上待たせるわけにはいかないんだなと思いました。

うまくいく日も、うまくいかない日もある。毎日が同じなんてことはないし、うまくいった時なんかは、この上なく「かわいいーーーーー!」って抱っこしたくなるけど(最近はそう簡単に抱っこさせてくれないけど)、うまくいかないときは、「このやろう!!」て思うし、その後ズドーーーーンと落ち込む。

次男とうまくいっても、長男とぶつかることもあるし、二人揃って調子悪い時もある。そこに夫がうまいこと噛み合ったり、噛み合わなかったり、家族全員で険悪になることもなくはない。そんなときは「内山家終わったな」と思ったりして。本当に思う。将来どうなるんだこの家は!!と、悲愴感たっぷりになる。大げさだけれど、渦中にいるその時は本当にそう思うから不思議(笑)

(2歳)

そんでも、ただ、言えることは、そんな中でも子どもたちは日々成長しているってこと。

事実、今日、次男は8歳の誕生日を迎えました。もう、それでいいじゃないか。ただいまって、帰ってきて玄関にランドセルを放り投げ、矢の如く遊びに行ったけど、いいじゃないか!

この穏やかに気持ちは、数時間後いや数分後には変わっているかもしれないけれど、今、こんなほっこりした気持ちにさせてくれたことに、感謝しています。

今日の長岡は気持ちがいいお天気でした。8年前の今日も同じようなお天気で、窓から差し込む光を感じながら、陣痛に耐えたことを思い出しました。つい最近のような気もするけれど。

 

■産後の体と心を心地よくする「産後ケア教室」11月コース受付中!

■赤ちゃんと楽しめる!産後はじめてのカラダケア講座(単発)

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター 1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。 自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket