産後に体型や体重が気になるなら、顔も同じくらい気にしてあげよう。

産後に体型や体重が気になるなら、顔も同じくらい気にしてあげよう。

産前産後の心と体を心地よく。
長岡の産後セルフケアインストラクター内山麻理子です。

先月のことになるのですが、私、櫻井亜希子さん顔の体操レッスンに行ってきました。顔の体操に興味を持ったのは2年ほど前。あるグループレッスンに参加したのですが、そこで櫻井さんのおっしゃることにすごく共感したのです。教室でお伝えしている「セルフケア」と重なる部分があって、衝撃を受けまして。なので、それからも細々とですが2年間続けておりました。

セルフケアは続けること、日々の生活に落とし込むこと、つまり習慣にすることが欠かせないと信じて実践してきた私にとって、「美人習慣」を伝える櫻井さんのおっしゃることは、すっと耳に入ってきたんですよね。そう、説得力があった。でも、たるみとか、重さ、癖なんかは、42歳になってやっぱりきているなーーーって感じていたんです。ここらでいっちょ、もう一度見直してみるか!と。

 

でね、産後ケア教室では、出産してたるんだお腹を筋肉を使って、平らにすることができるんですよと、お伝えしているし、実際に腹筋を使ってお腹をブヨってさせたり、平らにしたりするんですね。

あと、お尻や脚も筋肉の使い方で表情が変わる。ならば、顔だって同じなんだ。顔にも筋肉があって、それによって、表情を作っているのだから。

顔も体の一部!お腹と同じことが言えるなら、ちょっと今一度、顔の体操を見直したい!ブラッシュアップしたい!というスイッチが入ってしまい(入るとなかなか戻らない笑)2年ぶりに櫻井さんの元を訪ねたのでした。

 

で、結果、やはり大正解!

毎日、頑張りすぎると疲れて飽きちゃって続かないので、継続できるペースで、全部やろうとしないで気になる(レッスンで苦戦した)ところだけを重点的にやるようにしたんです。

櫻井先生の「常に鏡をそばに置く」「思い出したらやる」「いつもきにする」「マニアックでいい」「自分が好きじゃないと」「頑張らなくていい」の言葉を信じて!!

いい、いいわ!めちゃポジテブで。

んで、とにかく継続することが私にとってはポイントなので、生活の中に落とし込めるようになるまで、ちょこちょこと取り入れた結果。

 

朝一で、ちょっとやるだけで、頭と顔がすっきりする。
顔のむくみが取れた
シワが目立たなくなった。
顔がポカポカすると気持ちいい。
自分の顔を見るのが楽しくなった。笑

くらいかな〜なんて思っていたら、ある時、友人に「小顔になった」と言われて「お、成果が出てきているなと」思いました。

それと、その頃から、成果が現れた嬉しさも手伝って、セルフケアとか習慣のここちよさが、さらに体に入り込んできて、お酒の量が減ったり、睡眠時間が増えたり、イライラすることが減った、など相乗効果も。

 

とまあ、教室でお伝えしていることを、今一度自分の生活と照らし合わせて、見直してやってみた、だけなんだけれど、想像以上に楽しい。

そして、ふと思った。

顔の体操ほど、産後にやったらいいのに。産後って、話す機会が減って、話すことも笑うこともなまっちゃうから、とってもいいのに。それに家の中にいるから気兼ねなく思いっきりできるし、授乳しながらいくらでもできる。体重を減らすことにとらわれるより、ずっといい。スマホいじっているより顔の体操やっていた方がずっとずっといい。赤ちゃんに変顔見せて笑ってもらうのもいいかもね。

それで綺麗になるし、綺麗になる習慣がつく。

 

そう、産後は体が変化するからこそ、自分の体に向き合うチャンス。

産後でも美しくいられるかどうかは、産後ををどう過ごすか。

 

で、私も口ばかりじゃなんの説得力もないので、毎日顔の体操続けています。

左が現在、右(髪が短い方)が1ヶ月前です。

 

変化わかりますか?目の大きさとか、左右差、頬の高さ、顎のライン、目尻のシワなんかは、変わってきていると思います。

継続は楽しい、です!!

 

櫻井亜希子さんの顔の体操教室はこちらです!スカイプレッスンも可能だそうなので、遠方でも大丈夫ですよ

 

■ 赤ちゃんと楽しめる!「産後はじめてのカラダケア講座」5月についてはこちらから

■ 産後の心とカラダをしっかりケアする「産後ケア教室」5月、6月コースはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket