産後に「痩せた?」と言われたのは・・・【ご参加者の感想】

産後に「痩せた?」と言われたのは・・・【ご参加者の感想】

産前産後の心と体を心地よく!
長岡の産後セルフケアインストラクター内山麻理子です。
今日は、久しぶりに暖かいです。
桜の蕾も膨らみ始めて、いよいよ長岡もお花見の季節です。

 

さて、今日は産後ケア新潟桜木教室にご参加くださった、みさちゃんこと石井美沙子さんからのご感想をご紹介いたします。

さっそくどうぞ!!

 

うっちー様

2ヶ月に渡ってお世話になりました!
遅くなりましたが感想を送らせていただきます(;´д`)

3ヶ月半の入院を経ての出産ということもあり体力が著しく低下。加えて双子ということで、心身共にリフレッシュしたいと参加しました。

参加してみて、バランスボールは期待通りの効果(リフレッシュできたし体力もついて、日々の生活で姿勢を意識するようになりました)が得られました。
期待を良い意味で裏切ってくれたのは、コミュニケーションでした。
心のもやもやは話して発散して終わり、ということではなく(もちろん共感してもらうというのもとてもスッキリします)、物事の考え方を変えてくれました。
子ども目線ではなく、自分の目線で自分のこれからを考えるというのはとても新鮮でした。
子どもを大切に考えることは良いことだと思いますが、それが全てになってしまいがちなのでハッとしました。
マドレに参加する前と後では明らかに変わったなーと思います。
参加して良かったと思うので、ついつい周りの友達に紹介してしまいます(主に産後ケアバトン制度を使える人にですが笑)

なんだかまとまらない感想でごめんなさい。゚(゚´Д`゚)゚。

いしいみさこ

(産後6か月でご参加)

みさちゃんは双子を出産し産後6ヶ月で産後ケアバトン制度を利用して、産後ケア教室にご参加くださいました。ですが、もっとしっかり心身の回復をさせたい!!ということで、なんとリピート受講をしてくださいました。2回目の受講では、お子さんを預けて単身でのご参加。単身って実は・・・赤ちゃんと参加するよりも時には負荷がかかるんです。

エクササイズはサボれない!ので、ある意味負荷が上がります。それに、赤ちゃんを預けるのは、事前の準備や預けることへの不安もありますから。でも、それも、子育てしていく上で、大事なスキル!なので、このタイミングで練習できるのはとってもいいと思うのです。

それをやり遂げたみさちゃんの変化は私も目を引くほどで姿勢はよくなっているし、表情が全然違うし、動きも早くなっていて、初めてお会いした時と、最後のレッスンでは全然違っていて、キリッとしていて美しかった。

産後特有の雰囲気が抜けて、一人のかっこいい女性でした。

ということを、お返事したところ・・・

 

嬉しい変化ですー!!

今日、美容室に2ヶ月ぶりに行ったのですが、

「やせた?」と言われまして!!!
実際の体重は変わらず(なんだかんだで食欲の鬼がまだ居座ってます 汗)なんですが、
きっとマドレに行った賜物だと思ってます!
 とのお返事が!!これは、嬉しいですよね。
他の人が気づく変化、それも嬉しい方の変化。
姿勢一つで、佇まいや印象は変わるし体型だって変わりますから!!
出産後は特に、ちょっとの意識(ココロ)で全然変わってくるし、その意識を支えるのが体!!
なので、産後は心と体のケアが必要!体力大事!!って、いつもいつも申し上げております。
心がけだけで変われるなら人はなんだってできる。けど、どんなに些細な事でも、なかなか気持ちだけではどうにもならないのが産後(イライラしない優しくあろうと思ってもいついついイラっとしちゃうのが産後)。だから、心を支えるための体をケアしていくのです。
自分をケアすることって、産後に特に必要で、母となった自分の心身のマインドセットでもあり、母という側面が加わった新しいステージにおいて欠かせないことだと思うのです。
みさちゃんも、おっしゃってくださったように、
子ども目線でなく、自分の目線で自分のことを考える
これ、産後にどうしても見落としやすくなるのですが、大切にしたい視点です。
どんな産後を迎えて、どんな産後にしていくか。
あなたは、どんな産後を過ごしたいと思いますか?

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket