転勤族の妻。引っ越しと出産と子育てと仕事のはざまで。【いこって足いく講座開催レポート】

転勤族の妻。引っ越しと出産と子育てと仕事のはざまで。【いこって足いく講座開催レポート】

産前産後の心と体を心地よく!
新潟県長岡市の産後セルフケアインストラクター内山麻理子です。
今日で6月が終わりですね。私の頭の中は、子どもたちの夏休み期間どう過ごすかの割合が大きくなりつつある。児童館、仕事時間、子どもたちのイベント、宿題!!!習い事、お盆、海、キャンプ、お祭り、そう長岡花火・・・スケジュール調整に頭を悩ませています。給食もありません、毎日3食作りま・・・・す・・・・の?(自信ない)。こんなでしたっけ、小学生。子どもたちが親の手を離れてきているなと感じることもあるけど、本当にそうか?と何度も思う。心配ごとはより複雑、深刻になり、親がどこまででも介入できるわけじゃない。子育てのひと段落ってどこ?それっておいしいの?というレベルです。

025
(長男「写真は勘弁して」)

 

月に2回ほど、ママと子どものための足いくコミュニティサロン「いこって足いく」で、ママと子ども向け講座をさせてもらっています。一つはバランスボールエクササイズで体のケアをテーマに、もう一つはコミュニケーションワークで心のケアをテーマにしています。

いこって足いくは、長岡駅の大手通にあるので、その周辺にお住まいの方が多く足を運んでくださっています。駅周辺はマンションが多いこともあり、いこって足いくはには、転勤族の方、県外出身者の方がたくさん足を運んでくださいます。

 

先日、「産後のいらいらモヤモヤ解消ワークショップ」に、転勤族でお子さんの入園も済んだので、これからお仕事を・・・とお考えの方がご参加くださいました。そして、私も含め転勤族だったり県外出身者だったりと、共通点がたくさんあって、講座の後もいろいろと話し込みました(笑)。

子どもを連れていける場所はどこ?

子育て以外の話ができるところはどこ?

家族以外に頼れる人がいないときはどうしている?

仕事をしていて、子どもの具合が悪くなったらどうする?

雪が積もる生活はどう?車大丈夫?

必要な情報はどこでどうやって手に入れる?

などなど、知りたいこと知っていることをのシェアが止まりませんでした。

もちろん、こういった情報は調べればいくらでも出てきます。でも、やっぱり生の声で聴ける情報にはかないませんよね。

 

あとは、誰に話せばいいのかわからない転勤、引っ越しに関するモヤモヤなんかも話しました。転勤族の妻って、引っ越し、育児、仕事、人生、生活の狭間で悶々と悩みます。生活環境が変わるだけでなく人間関係も変わりますしね。それが自分一人じゃなくて、家族の分もありますから。思っているよりハードです。

転勤がいつどのタイミングでやってくるのか?

子どもたちの幼稚園、保育園、学校の手続き。保育園などは入園できるかどうかもあやしいなんてことは珍しくありません。

土地勘もないし、知り合いもいない中での生活。

家族が一刻も早く新しい生活になれるよう、フォローすることに注力します。

そして、みんなが新しい生活に慣れた頃、ふと自分だけ取り残されたような感覚がきて。乗り遅れたような気持ちになることもあります。

仕事をしようと思っても、またいつ転勤になるのか?平日に昼限られた時間の中で働ける仕事、これまでのスキルを活かせる場所はあるのか?

 

 

孤独と焦り。

12718162_1129088610443681_4419752429990287603_n

いこって足いくでは、そんな気持ちを話せる講座をやっています。それがイライラもやもや解消ワークショップ。難しく考えずに、今の気持ちを整理する時間。この日も、「話せてよかった」という声をいただきました。

ほんの少しの時間でも、自分と向き合うことができると、頭も気持ちもスッキリします。自分一人で考えていると、どんどん思いつめちゃうけれど、話せるとすっとすることってたくさんあります。

そうすると次への希望が見えてくる。

産後に限らず、生活が変わるときはちょっと意識して、自分と向き合う時間をつくることがおススメです。

そう、子どもたちが大きくなればなるほど、家族と自分自身の調整が必須になってきますので(夏休みとか!)もやっといらっとした方は、いこって足いくのイライラもやもやワークショップをご利用ください!

 

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket