産後のカラダケアとココロケアで、 母になった私を見つめ、一人の女性としての私と出会う場所

産後のカラダケアとココロケアで、 母になった私を見つめ、一人の女性としての私と出会う場所

産前産後の心と体を心地よく。
新潟県長岡市の産後セルフケアインストラクター内山麻理子です。

産後のボディケア&フィットネス教室7月コースが来週に迫ってきました。動いた感が欲しい人にはもってこいのこの季節。梅雨から7月にかけて体を作っておくと、夏を乗り切る自信がつきます。帰省や旅行、お祭りやイベントが多い季節です。産後にガッツリ全部楽しむ…のは難しくても赤ちゃんと過ごす初めての夏を、少しでも楽しむには体のケアはかかせなません。

産後何年たってもそう思います。産後時間が経てば経つほど切実です。

007

今日は、今月の講座を振り返る日でした。6月はいろんなところでの単発講座がいつもよりあって、たくさんの産前産後の女性と出会うことができました。

あらためて振り返って、産後のボディケア&フィットネス教室ってどんなところかなと、今の気持ちで書いてみました。

 

【産後のカラダケアとココロケアで、
母になった私を見つめ、一人の女性としての私と出会う場所】
 
母になった私の体とココロを知り、
妊娠出産でがんばった、心と体をリメイクする。
 
体が整うと、心がスッキリしてくる。
出産して、抱えていた育児や夫に対してのなんだかすっきりしないモヤモヤも、なんとかできる気持ちがわいてくる。
 
赤ちゃんを抱っこし続けて悲鳴を上げている腕や肩、背中、腰も、体力が戻ってくると楽になってくる。
赤ちゃんを抱っこできる体を手に入れる。
008
肩がしんどい時の解消法を手に入れる。
お腹を平らにするための筋力を手に入れて、美しくなるための知識を取り入れる。
それは難しくない。誰だってできること。
自分のカラダがわかってくると愛情がうまれる。
夫や子どもたちと、みんなで一緒に幸せになりたい。
 
自分で自分の気持ちを伝える言葉を手に入れる。
仲間と一緒に体を動かし、今の気持ちを語り、希望を語る。
 
家族が増えて、将来を想像する。
みんな笑顔で暮らせるようになるために、今、私はなにをする?
何ができる?
 
その気持ちを素直に大切な人に話す、伝える。
大切な人に、仲良くしようよと伝えることができれば、きっといろんなことが解決する。
021
 
その為に、体を整えて、気持ちや頭の中を整理して、自分の言葉を紡いで紡いで、を繰り返す。
母になったら我慢することだけじゃなく、新しい世界が増えることを知る。
これまでの価値観も、これからの私も、今、新しく築きあげる感覚だ。
同じ産後を過ごす仲間ができる。
母になった自分もいいよね?
素直にそう思える。
【産後のカラダケアとココロケアで、
母になった私を見つめ、一人の女性としての私と出会う場所】
 
産後のボディケア&フィットネス教室は、そんな場所なのです。

 

 

この記事を書いた人

内山 麻理子
内山 麻理子
マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター
1974年、新潟県小千谷市生まれ。夫・長男・次男の4人家族。
自分の生き方を問われた第1子、体力の低下と夫婦関係に悩んだ第2子の出産を通して、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。生き方が180度変わった自身の経験から、産後にこそケアが必要と実感。2011年、マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターになり、東京で産後のボディケア&フィットネス教室を多数開催。2013年より新潟県長岡市に転居し、産後ケアの拡大を決意して活動中。社会福祉主事任用資格保持。
LINEで送る
Pocket